NHKの受信料は「合憲」について、ちゃんと理解しよう。

スポンサーリンク

最高裁はNHK受信料は合憲と判断「見ない」人から不公平感
最高裁判所が、NHKの受信料制度は合憲であると初めて判断し、ネット上で物議をかもしている。報道によると、現在の放送法では、NHKを実際に視聴しているかどうかに関係なく、テレビの受信機を設置した世帯はNHKと受信契約を結ばなくてはならないと…

上記URLは、ニコニコのニュースですが…Googleで「NHK 合憲」と検索したらいくつも出てきます。

今回は糞真面目に書いてますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

さて、今回のニュースですが、合憲であると説明書きされているのですが、実は最高裁判所の主文で「上告を棄却」と記載され明確にされています。

ということは、NHK側は敗訴しているということです。

ちなみに論点になっていたのが

NHKは「サービス提供者(NHK)が、顧客(テレビ設置者)を見つけ契約を申し込んだら顧客意思は無視して契約は終結」というルールを今回作ろうとしていたわけです。

ちなみに、NHKの受信料の支払いに関する規定は、テレビ等、受信でき機器をテレビの視聴目的で設置した場合に発生し、その旨をサービス提供者(NHK)に情報提供し、お互いの意思の元契約を締結するものです。

この契約に関しては、民法上でも契約(意思表示)の大原則であり

もし、NHKの裁判での主張が通るのであれば、民法がおかしなことになってしまいます。

「サービス提供者(NHK)が、顧客(テレビ設置者)を見つけ契約を申し込んだら顧客意思は無視して契約は終結」のルールを作ろうとしたNHKは結局、最高裁により、

「契約は両社の合意が必要。」として

そんなルールは認めねぇよ。

とても当り前の判断を最高裁は下しています。

ちなみに、合憲であるよと認められたのではなく

NHKの受信料の支払い義務は、憲法で判断するものではなく行政の裁量範囲であり憲法で判断すべきものではない。違憲か?と言われれば違憲ではないのですが、日本国憲法はNHKの受信料義務は、関係ないよ。こういうことで憲法は使わないでくれよ

ということです。

決して、報道にあるような、最高裁が判断を間違っているのではなく

NHK側が、民法を無視して、おっあいつテレビもってるらしいよ。契約!

受信料払ってください!

ある日突然、請求書がやってくるのを最高裁は阻止をしたまでです。

そんな押し売りどころか、送り付け詐欺に近いことを合法化しようとしてるNHKさん…

もっと他にあるでしょう…という私感はございますが、

こういうことで、NHKの受信料の徴収者が無理矢理契約しようとしてくるのをちゃんと阻止しましょう。

ちなみに私とか私の周りで、よく使われた文言と対処法

「携帯・ナビに地デジが入ってたら受信料必要なんで」

対処法→視聴目的の設備ではなく、通話目的の設備であるゆえに支払義務は発生しない。

ちなみに私は、iPhone4の時に、見せたらこれは携帯電話だからとかいって契約させられそうになりました。私はテレビない子ちゃんなので、超もめて詐欺で訴えるぞとまでなりました。

「家に入れて確認させてください」

対処法→ここまでくると契約する気がない人だと思いますが…テレビない人も家には入れたくないですよね。

何人も、人の家に勝手には入れる権利は持ち寄ってないです。住居侵入罪に該当し、犯罪となります。そう玄関から一歩でも入ったら住居侵入罪です。警察に通報しましょう。

ちなみに、勝手に家に入る権利を持つためには警察が行う家宅捜索令状(警察が裁判所に許可を取る令状)が必要です。

NHKはその権利はお持ちではありません。

「アンテナあるんで契約してください」

対処法→そもそも受信可能なテレビを設置していなかったら契約の義務はないです。マンションは共同アンテナですし…一軒家だと受信可能な施設と判断される場合もありますが、末端でテレビがなければ、不可能です。

最後に

実際、テレビをみてNHKがあるなら、契約をしたほうがもちろんよろしいです。

ただ、私は見ないから…などの意見もあります。

実際、スクランブル機能が今のテレビはあるので、それをつけてもいいと思います。公共放送とはいうものの、ほとんど公共性を持っていない偏見性ももっているのでどうしようもないので、支払いたくない人は…まぁそれはそれでいいのではないでしょうか。それはもう個人の判断ではないでしょうか。

近年、税とは別で利権の徴収が激化していると感じます。

JASRAC、NHKなど。

人口減少や、多様化に対応できないのではあれば、すたれていくだけで

自己努力を行っていない証拠です。

そんな人たちがお金を持つことは許されないでしょうね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク