【レビュー】SCUF IMPACT 使ってみた。

シェアする

スポンサーリンク

Scuf IMPACT買ってみた。

naconの記事も書いていますので是非そちらもチェックしてみてください。

【レビュー】nacon Revolution Pro Contoroller使ってみた

SCUFって?

PS4、Xbox Oneのコントローラーカスタマイズメーカーでアメリカの会社です。

ツイッチなどのストリーマーがよく利用しているのもあり、実際にeスポーツのプロゲーマーの利用もちらほらとあります。

一応公式大会で使える(らしい)です。

主にバックパドル(背面にパドルボタン)があり、親指を動かさなくてもボタンを押せる仕組みになっています。

FPSだと「しゃがむ」ボタンや「近接攻撃」ボタンなどに設定することで、右スティックを維持したままほかのボタンが押せるという仕組みです。

ちなみにXbox One Eliteコントローラーも同じ仕様です。

現在のSCUF

SCUFも改良が進んでおり、壊れやすいモデルから壊れにくくなっています。

海外のメーカーとしては、このような努力は非常に珍しく、その点もありプロゲーマーはストリーマーに愛されているのではないかと思っています。

旧SCUFも新SCUFも利用していた私として大きく改良された点は

背面パドル!

旧SCUFは、ねじで固定しているパドルを利用していました。

これが実は厄介で、ねじ取り付け部分のプラが非常に弱くなり、ぱきっと割れてしまい使えなくなるという事態が発生しました。

現在のSCUFはねじ式ではなく、はめ込み式になっています。

日本だと、補修パーツを買うのも一苦労ですので、割れてしまうと使えないから、そもそも割れないNACONやRAZERなどに使用という形になっていたのは仕方ないかなと思います。

改良点2、梱包資材!

昔のSCUFの箱は、おそらく中国で作っていた再生紙レベルの低い梱包資材で独特の臭いがしていました。

現在はその点は、無く。割と良質な梱包資材へと進化しています笑

PS4用のSCUF 4PSとIMPACT

主な違いは形状とパドルの個数です。

4PS IMPACT
形状 PS4タイプ Xboxタイプ
パドル 背面2個 背面4個
サイズ

手のサイズによって、選んだほうがいいのですが、日本人の手は割と小さいので4PSがいいのではないかと思いますが、正直IMPACTでも指が届かないとかはまずないです。

ただサイズが大きいので、少し引っ張られる感がある人もいるかもしれません。

私は問題なし。

また、USBの接続部分が囲まれており、USB端子を選ぶのがIMPACT、選ばないのが4PSです。すごく大きいオス端子でなければ差し込みが可能です。

4PSとIMPACTどちらがいいの?

好みの問題ですが、私は自分の手の大きさと指の長さを把握しているのであれば、今のPS4コントローラーが手に合わない。若干余りますという状況であれば、IMPACT。

今ので収まりがいいなら4PSをおすすめします。

スティックの長さなども選べることから、いろいろと自分好みにあとから設定できるので、大きさは実際、すごく気にするところではないです。

SCUFオーダー時につけといたほうがいいオプション

EMR

背面パドルのボタン配置を磁石で変えることができるシステムです。これは必須オプションです。

グリップ

私も最初はいらないだろ…と思っていたのですが、あったらあったですごくいい。初期のグリップは正直…つけないほうがましでしたが、今のミリタリーグリップは結構おすすめです。

白枠で囲んだ部分です。

あったらいいオプション

クイックトリガーシステム

本当にこれはあってもなくてもいいかんじがしますが、押してる感度を調整(アナログ)できるアイテムです。強くトリガーを押す人は壊れるかもしれません。

バイブレーション取り外し

これいらない人はいらないんですよね…実際軽くするために私は外しました。

ぶるぶるしなくてもいいやーって笑

Nacon vs SCUF IMPACT

どちらがいいか?

これは好み…笑

Xboxコントローラーの形状が好みであればNaconが絶対いいです。

どちらも好みはないけど…カスタムコントローラー使いたいというのであれば、SCUFです。

すごく自分好みに調整したい。

というであればNacon一択です。

SCUFオーダーから到着まで

そんなにかかりません。

早いオーダー(+約$40のスピード便)だと10日前後で到着します。また配送会社がUPSなので、トラッキングもできる上に、都心部と中心部(大阪など)はUPS Japanが配送を行います。地方部でもクロネコヤマトが配送を委託していますので、届かないというのは原則ありません。

ちなみにUPSは航空輸送がメインなので到着まで時間がかからないのも特徴です。

主に成田空港等に離発着している貨物航空の会社です。似たところだとFedexなどがあります。

通常だと、送料等は安いのですが20日前後で到着します。

支払方法

クレジットカード or ペイパルです。

クレカの仕組みは、ちょっと癖があるそうなので、ペイパルで支払ったほうがトラブルなく進みます。

SCUF個人でも購入できる?

全く問題なく購入できます。単価も物量も少ないため、関税もかかりません。

ただし、トラブルが起きた場合、良く起きるのが支払関係のシステム的なトラブルが発生した場合、英語でメールを送らないといけません。

対応はZendeskを利用しているのでクイックレスポンスです。

その点さえ考慮できるのであれば、個人で購入することが最もベストバイです。

SCUFを個人で購入できない場合は?

Amazon等で購入もできます。輸入をして販売している業者という形をとっているため割高です(1万円くらい高い)が、英語のサイトの利用等の手間を考えると、こちらがいいんじゃないかな?というところもあります。

輸入代行できます。

実は、管理人ぼーっとしているように見えて輸出入をよくやっていました…

代行も可能です。また何か気になる点があればお気軽にお問い合わせください。

下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

タイトル

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク