【TIPS】SME(中小企業)とベンチャー企業って違う。

シェアする

スポンサーリンク

自分で勉強をしていると徐々に解るのが

外国語→日本語になったときに正しい意味で使用している人は、かなり少ないこと。

SMEとベンチャー企業が混同していない?

早速ですが、間違いというか何かおかしいなと思った。

日本ではWeb系の会社全般をベンチャー企業、また新しく立ち上げる会社のことをベンチャー企業という言葉で一括りにする人たちがいますが、それは間違いであること。

ま、、、正確には全て間違いではないとは思うのですが。

認識としては違う。

SMEとは

Small and medium-sized enterprises = 中小企業

のこと。

中小企業とは、“日本”の中小企業法に従う場合

製造業、建設業、運輸業、その他の業
資本金額:3億円以下 常時従業員数:300人以下

卸売業
資本金額:1億円以下 常時従業員数:100人以下

小売業
資本金額:5千万円以下 常時従業員数:100人以下

サービス業
資本金額:5千万円以下 常時従業員数:50人以下

ベンチャー企業とは

ベンチャーとは、ベンチャー企業、ベンチャービジネスの略であり、新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指す。

Wikipedia参照

結局は、ベンチャー企業も中小企業の一部なのですが、それでも大きく違うのが

  • 起業間もない中小企業規模の会社である。
  • 新分野を作っていく、創造性、新規性、革新性がある事業を行っている。
  • 成長志向

成長志向がない企業はあまりないと思うのですが、中には成長志向がない企業もあります。

なによりもWeb系を行っただけで「ベンチャー企業」と名乗るのは良くない笑

また起業したてで、新規性がない事業を行っているのにうちはベンチャーだからというのも、どうかと思う。

ベンチャー企業の類義語と思われる「スタートアップ」

また意味がちがいます。

ベンチャー企業よりも、成長スピードが早く、ビジネスモデルを作っていく企業。

ベンチャー企業よりもスタートアップがHOT!というのがアメリカのトレンド(らしいw

ベンチャーよりも大変なスタートアップですが、ビジネスモデルを作成するため日銭が稼げないくらいのレベルでもあります。なので、ある一定のビジネスモデルを提案し投資家からお金を集める。

そのあと、何度か修正を行い、2回、3回と資金を調達する。

最終的に、上場などを行い株なのでエクジットを行う。

日本のベンチャー企業と言われる企業も現在、同じ目標を掲げていると思います。

なんでコレを書きたかったか

最近、起業ないし事業を開始したばかりの人に、うちはベンチャーでさーああだこうだと言われることが沢山あり

んーなんだかなって思って書きたくなりました。

殆どの場合はSME(中小企業)ないし零細企業であること。

途中にも書きましたが、事業(ビジネスモデル)の新規性が無いのにもかかわらずベンチャーと公言するのは、なんだか私は矛盾を感じます。

もちろん、新しい仕組みを採用して、収益モデルになり展開していく場合はベンチャー企業だと思います。

まだまだ、日本にはペガサス企業や、地方発信のベンチャー企業は生まれていないですが、徐々に生まれてくるのを説に願いします。

後言葉の間違いをしていまうと…うん笑

みんな頑張ろうぜ。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク