商業デザインの依頼

スポンサーリンク

鹿児島でデザインの仕事をすると非常に低単価での作成を要求される(場合もあり)

権利関係もかなり曖昧な感じにされる(場合もあります)

商業デザインを作成する上で、非常に気にかけるのがデザインの盗用・類似部分が存在しないか…

とても重要だと思うんですが

とある総合印刷会社さんが、私のデザインしたロゴを許諾なしに”そのまま”利用したこともあり

お客様からAiデータ、PSDデータをくださいは、また権利譲渡がない場合は、絶対に渡さないようにしてるいます…ロックのかかったPDFデータを渡します。

結構死活問題というか、一言相談していただければ、全く気にしないのに…(もちろんお金は発生します。)

社外にデザインを以来した場合、その著作権は社外の人のもの

外注して、お金が発生した場合でも、基本デザインの著作権は外注先デザイナーの物になります。

著作物の著作権は「著作物を創作したもの」が持っています。

これは、著作権法で保護された著作者の権利なのです。そもそもフリーのデザイナーが著作物をすべてクライアントに持っていかれると、その人の絵柄・作風というのは全てクライアントのものとイメージになったりします。そのようなことを避けるために、著作者を保護する権利を当たるのが、著作権法です。

もちろん、例外的に権利を譲渡するなどの条項が入った、契約書などがありますが、そのような契約はむずばないようにするべきです。

もちろんそこで、仕事の圧力をかけてくるのような企業であればバッサリ切ってしまうか、依頼料を大幅にあげましょう。

最後に

フリーランスのデザイナー(創作者)は、一人孤独になる場合もあります。

権利、権力的に弱くなる場合があります。

もと法人セールスもしてた人間としては、企業に歯を立ててもある程度は許容される(というかそういう専門知識が疎い場合が多いので論理的に攻める方がいい)

知らぬ間に、相手を自分のイニシアチブに入れてしまいましょう!

頑張れフリーランス!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク