職場復帰は難しいが、働きたい現実

スポンサーリンク

今日は日記です。

本日、前職でお付き合いがあった企業様に勤めていた、今お子様が2人いらっしゃるバリバリ働いてた女性と、少しランチミーティングを行なっていました。

お子さんの時間があるので、働ける時間が限りがあったり、職場ストレスなどで3月いっぱいで退職をして1ヶ月、専業主婦をしていて、ぶっちゃけ暇すぎて何かしたいでもパートも土日・フルタイムを希望が多かったり、求人はあっても自分にマッチングするのがない…

会社と求職者のミスマッチ

実際私が人事などをしていて、思うのが、求職者と求人元とのミスマッチが非常に多い。

求職者はなかなか、自分の希望を変えることができない。

給与とかではなく、家族のための時間や、家庭のことを考慮した希望ですね。

求人元(会社)が、柔軟に対応できないのかな?って思ったり。

割と自分が人事をしていたころは、柔軟に対応するために、優秀な人材は時短ワークでも十分力を発揮すると、勝手に仮定を立てて、決裁者へ相談、なやんでることろを論と統計学で攻めまくって、時短ワークという仕組みを作ったことがあります。

会社が今柔軟に対応するときなのではないでしょうか・・・

バリバリ仕事をしていた主婦のストレス?悩み?

もともとバリバリ仕事をされた方だったので、自分の好きなものを買えてたり少し良い化粧品欲しいなってとき、自由に購入。飲み会なども気兼ねなく行けたけど、今は旦那に悪くて行けない…

これがストレス!とのこと。

月1万円でも2万円でも少し稼いだら気兼ねなく、お化粧品とか買えるんだけどな…

などなど

いい在宅ワークは?

在宅ワークも現在あんまりないのが現実・・・かな?

フリーランスなどで、巷では盛り上がってる?気がしますが…

私が、依頼もらっても在宅主婦の方に依頼させていただいているのが

  • Design構成
  • イラスト作成
  • ライティング

以上の3つなので、接客業などの方にはボーダーが高いといわれ・・・

どうしたらいいんだーーーー

となっていたところで思いついたのが、ウェブサイトの解析数字をエクセルなどでまとめてくれない?でした笑

私が色々依頼するときは、GoogleのDocsの共有機能を使ったり、サイボウズLiveを使ったり、クラウド上で対応できるようにしています。

ローカルで落として、依頼者様のデータが破損するのを防ぐのとOS間の文字化けトラブルなどを避けるため・・・あと進捗を確認できるのも大きいです。

たまにMacのnumberやPagesなどでデータ送ってこられると対応できるんですが、超めんどくさい・・・

とりあえず、うちはそんな感じ・・・

結構、同級生の主婦になったかた、前仕事で一緒だった主婦の方から相談されることもあり、私が抱えてる仕事以外にももっと、仕事を再配布できないかなーっておもったりしています。

そういうビジネスモデルもあり?( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク