広告主から見たYouTube、YouTuberという広告媒体について

スポンサーリンク

動画制作とかをすると、もれなくYouTube広告ってどうかな?反響あるかな?

というご相談を頂きます。

Web広告全体に言えますが、ECサイト系とか、サービス加入系の広告以外は、直接影響があったというのは、わかりにくいと感じがちです。

といってもマーケティング的には

YouTube広告からの周知 → サイト誘導や検索を促す → 検索連動型広告で上位表示 →購買・サービスへの関心が生まれるという仕組みではないでしょうか。

YouTube広告

入稿方法などは、アドワーズなので非常に簡単です。

アドワーズのキャンペーン追加から「動画」を選択し、細かな設定を行うだけです。

あとは、コンテンツの除外設定などをしっかり行うことがコンバーションアップの近道。

検索連動型広告に比べ、非常に多く初期設定が多いので、大→小へしていくのもありかもしれませんね。

動画広告以外にも、リマインダー広告などを入れとくと訴求効果は高く、他と連動させることがネット広告の最大限活かせるメリットです。

もちろんテレビCMもやりつつ、ネット広告を連動させる。日付などをしぼったり、様々な”作戦”を行うことが大事ですね。

効果としては、結局動画なのでその動画自体の魅力です。

テレビCMは難しいけどYouTube広告ならコストパフォーマンスも良いですし、制作に少しお金をかけてもいいよね。って私なら判断していました。

実際コンバーション率も高く、とても良かった記憶があります。

YouTuberなどのインフルエンサー広告

広告の垂れ流しよりも、効果はあります。

そのぶんコストも高いです。

○○が、紹介しているので買ってみよう!とかいうのになります。

これは、非常に魅力的にですし、人を選ぶことができるので、だいぶブランド戦略などもやりやすいです。

企業CMよりも安いです。

また、商品の短縮URLとかでアクセス数からの購入数などをデータで分析することができます。

海外のECサイトなどでは、InstagramやYoutubeで動画を掲載している人にクーポンコードを発行したりして効果を見ることもやっていますね。

とあるユーチューブで有名な方の会社で運営しているAppBank Storeなどもクーポンコードを個別に発行して、ユーザー獲得をしていますよね(アフィリエイトリンクです笑)

個人的には、そういう方法もアリです。

まぁ・・・マルチじゃね?っていわれると。うんまぁ新しい口コミマーケティングですよ。

っていう感じです。

アフィリエイトに近いものもありますが、少し違うかな・・・

YouTube広告の問題点

結局、誰が見てるの?

っていう問題。

YouTubeの実際の視聴者層ってどんなもんでしょうか?

平均してバランスよくいるのは事実なんですが、ヘビーユーザー層、広告の表示で見る層はYouTubechannelによりますが、低年齢視聴者層は多いです。

結果が本当に出にくい、なので総合的に広告を出さないと意味ない。

また視聴データや広告の仕組みなんて、この辺はブラックボックスでもあります。

親のアカウントでみてたら、年齢層も違うわけですし、正式なポテンシャルというのは不明。

ただ、あまり効果がない、暴力的な動画に広告が乗る(これは言いがかりで実際効果が薄く、費用対効果がうまくいってない)のが現状で、その上、広告主としてもうーんという点も多々あるので、アメリカでは徐々に離れていってますよね。

インターネット広告自体がブラックボックスな点

テレビの広告も意味不明な点が多々ありますが。現在こういう広告媒体へプレッシャーを与えているのがアメリカのマーケティング市場という感じがしますね。

最後に

結局Win-Winでなければなりたたない。

長々と書き、全然文章もまとまっていないですが

ネット広告は、マーケターとしては手軽で戦略的なことができる手段であり

TVCMに比べて明確な数字が出やすいのは事実です。

それでも、GoogleもFacebookもブラックボックスのような状態がつづくのであれば

この広告モデルに対して業界全体でプレッシャーが徐々に広がるんじゃないかなと思います。

YouTuberが勝手に商品レビューをしたくなるような商品・マーケティング戦略ができるようなブランド戦略を行うのが実はベストだと思います。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク