著作権のフェアユース(fair use)

スポンサーリンク

著作権のフェアユースという制度がアメリカにはあります。

Googleを救った仕組みとよく書かれているのを見かけます。

フェアユース (fair use) とは、アメリカ合衆国著作権法などが認める著作権侵害主張に対する抗弁事由の一つである。同国の著作権法107条 (合衆国法典第17編第107条 17 U.S.C. § 107) によれば、著作権者の許諾なく著作物を利用しても、その利用が4つの判断基準のもとで公正な利用(フェアユース)に該当するものと評価されれば、その利用行為は著作権の侵害にあたらない。このことを「フェアユースの法理」とよぶことがある。フェアユースの大きな特徴の一つに、著作物が著作権者の許諾なしに利用できる場合(つまり、著作権が制限される場合)の規定の仕方については、限定的使用のための複製や引用、また裁判手続等における複製等(後述参照)のような具体的な類型を列挙する方法によるのではなく、抽象的な判断指針を示す方法によっていることがあげられる。

「フェアユース」Wikipedia引用

基本アメリカの著作権法の仕組みです。

パロディ映画やYoutubeなどの、一部利用などを目的にしています。

主に4項目あります。

  1. 利用の目的と特性・・・商用、非営利、教育目的や、アメリカの裁判所の判断では「変形的」であれば、商用利用でも認められる傾向にあります。また、オリジナルのコピーにすぎない場合などは完全にNG。また営利目的でも認められない傾向があります。
  2. 著作物の性質・・・完全オリジナルの芸術的なものをフェアユースする場合は認められづらい傾向があり、論文や地図など事実を伝達するものの場合、フェアユースは認められやすいです。
  3. 著作物で保護されている著作物の利用作品の比率・・・例えば15分の動画を作成した時に、その動画の部分が5分など、それはフェアユースが認められ可能性が高く、15分のうち14分つかっていたら、認められなくなります。
  4. 著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響・・・簡潔にいうと、市場崩壊を起こす「パクリ」がブランドを迫害した場合はNGということです。

ちなみに日本でも似た様な事件があります

雪月花事件やサザエさん事件、はたらくじどうしゃ事件が大きく有名です。

Google先生で検索したら詳しく出てきますので、是非気になる方は検索をしてみてください。

個人的に意見ではありますが、フェアユースは日本で認められるべきかな?と思います。

オタク文化の同人イベントなど、正直野放し状態と揶揄されますが

Tシャツやオリジナルフィギュアなどの物販ではライセンス料を、ライセンスホルダーにお支払いしていることも多く、実際ライセンス料などの交渉のお手伝いをさせていただいたことがあります。

知らなかったでは、許されない法律違反ですので、みなさん創作をするときは気をつけましょう。

自分もしっかり、気をつけなければ・・・

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク