YouTuber ヒカル(Hikaru)の新事業、学歴ボーダーフリーの社会について思うこと

スポンサーリンク

ふと先日、Youtubeをみていたら、最近話題のYoutuber Hikaruの「新事業」というサムネイルの動画が上がっており、若手起業家として何かするのか面白そうだな。と思い、拝見させていただきました。

Youtuberヒカル(Hikaru)の新事業個人的感想

私もいくつか新規サービスの立ち上げや、事業の立ち上げに携わることが出来た人間。

学歴ボーダーフリーの世界にいた大卒者ではありますが、こういうサービスが立ち上がるというのはすごくいいことで。企業側から、優秀な人財の発掘を手助けしていただけるのは、非常に助かります。

もちろん今から、超えないといけない壁がたくさんあると思いますが、ぜひ軌道に乗せていただきたいと思います。

世界は思った以上に学歴社会

日本は、学歴社会学歴社会と言わ、世界は実力主義だから学歴関係ない!とおっしゃる方々もいます。

たしかに、外資系は実力主義、結果を出さなければクビになります。もちろん期間も決まっており言い訳なんてできません。終身雇用ではないのです。

アメリカでの話ですが、日本をはるかに超える超学歴主義です。

アイビーリーグ(アメリカの名門私立8校)に入るためにみんな、競争を勝ち取り、また大学に行った後に、大学・大学院で学位を取ったか取らなかったかが重要になります。

また、アメリカではどこの大学、なんの学位を取得したかで根本的な、給料サイトが異なります。それぞに合わせた給料シートが用意されています。

今、学位と話しをしましたが、日本の学歴と世界の学歴の違いは、日本では、●●大学卒業という学歴。そこに入って卒業してしまえば、●●大学のブランドを持てます。実際大学4年間、アルバイトばっかりしてて友達に出席を頼んで卒業しても同じです。

アメリカでは、何の学位を取得したか。この人は、なんのプロフェッショナルなのか。大学時代の競争はすごく、日本から留学しが友人は落ちこぼれて帰ってきたこともあります。旧七帝大って言われてる人たちでもそうなのです。

中卒・高卒・大卒がなぜ違うのか

ある程度ブランド力のある企業は、なぜ大卒を雇う理由は、

もちろん、中卒者、高卒者に比べ、フィルターをかけた時点で優秀な人財が多いので雇う傾向にあるのですが、仕事以外でも様々なことがあります。

企業に属するということは、

●●商事株式会社のAさんという「社会人」になります。もしAさんが、プライベートで何かを問題を起こした場合、●●商事株式会社のAさんと報道される場合もありますし、水面下でAさんって●●商事だったみたいよ。と話をされては、企業としては問題発生となりますし、出資者からは、どのような人事や社員管理をしているのか。と問い詰められることもあります。

偏見だ!と意見があると思いますが、その辺りの常識範囲、人付き合いの範囲で、問題が起こりにくいであろうというのが大卒者です。

その次に、高卒者

最後に、中卒者。

また、受験競争の数が違うので何回か自分を見つめ直す機会の数がことりなります。

中卒 → 高校受験なし 就職での自己分析 計1回の見つめ直し機会

高卒 → 高校受験・就職試験 計2回の見つめ直し機会

大卒 → 高校受験・大学受験・就職試験 計3会の見つめ直し機会

見つめ直す機会が多ければ多いだけ自分がどのような人間なのか、わかってくる無難どころ落とすのは企業側としてもメリットがあります。

仕事は学歴じゃない

ぶっちゃけ営業職なんかは、学歴じゃないです。

その人柄、努力などなどが関係してきます。もちろん営業職は結果を出せばペイがあります。

決して間違ってはいけないのは、ペイがあったからと自分が優秀と勘違いして井の中の蛙になってはいけない点。

まだ、世の中にはたくさんライバルがいますし、組織の仕組みの中で、結果を出しているのと、ビジネスモデルを作って結果を出しているのを混同してはいけません。

ただ、営業職というのは、中卒・高卒にとっては努力したら報われる、結果を出せば帰ってくる職種ですし、営業で培った人脈や人当たりなどは、役に立ちます。

営業になれたら、絶対に頑張ってもらいたいです。

結果を出せてきたら、自己投資を行なって、大卒者などをギャフンと言わせるスキルを身につける。勉強をしなければなりません。ここを忘れてしまうと、永遠に下っ端です。

結局勉強

受験勉強じゃありませんよ。

社会に出て、仕事してスキルアップするということは勉強をすることです。

経済全体を知ること。人のマネジメントは、こうするといい。

私は管理職ではありますが、人のマネジメントに心理学(プロファイリングのようなもの)を用いたりします。

一緒に働くメンバーで大学に行っていない人もたくさんいますが、よくいうのが

「大学行ってないから、大学行った人の2ー3倍勉強せんといかん」

実際そうで、大学の講義をちゃんと受けて身につけてる人間なら、いらない勉強だってあります。

結果さえ出せば、チャンスはやってくる

結果さえ出してしまえば、社会人・実業家・ビジネスマンになってしまえば関係ないです。

ただ、大学を出てないから大学を出た人よりもスタート位置が後ろなだけで、その後ろを挽回したらいいだけの話です。

大学を出たからと行って、スタート位置が前であるかどうかは定かではありませんけどね。

ただ、社会的優位性はあるとだけいっときます。

最後は結果です!

もし大きい会社に入ったとしても

たくさんの競争です。

もちろん仕事だけじゃない。

様々なこと。

入社がゴールではなく、入社後がスタートです。

出過ぎた杭はもう打てない、そこまでなれれば最高です。

最後に

新事業、ぜひVAZの方やヒカルには成功していただきたいなと思います。

企業のかわりに、フィルターをかけて優秀な人財を巣窟し提案をしてくれるのであればなお・・・素晴らしいですし。

求職者側には、メリットもあります。

WIN-WINになる関係を気づけますし

また、その高卒の子達をビジネスマンとして、大手企業に入社できるレベルに育て上げるのも一つなのかな?と思います。

まだまだ、日本は腐ってないなと思った所存でございます。

追記

まぁ…色々Youtuber HikaruがValu事件のことVAZのことなどがあり、幻滅しました。

なんか、私も見えてなかったな・・・まだまだです笑

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク