早速弥生にかわったMISOCAを使ってみた

スポンサーリンク

2017年6月1日から、有料になったMISOCAを弥生IDに切り替えて使ってみました。

現在は無料プランですが、2ヶ月後から無料 or 有料にかわるそうです。

弥生IDのMISOCA手続き

1.弥生IDを持っていない方は、弥生IDを登録します。

弥生IDは、名前(姓名)、メールアドレス(弥生ID用)、パスワードの登録が必要です。

2.登録後MISOCAを契約します。

とりあえず、今回は「無料体験」を選びました。

もう今後も、Misocaで請求書を出し続ける場合はプラン15やプラン100などを選択するのがベストだと思います。

3.無料体験を選び進む

インターネットショッピングとほぼ同じような動きです。

選んで購入すると。無料プランなので、0円です。

申請を確定すると、MISOCAへログイン出来るようになります。

新MISOCA使い勝手はどうなのか

今までの、機能と全く同じです。

新プランにする必要はあるのかなー?というのが正直な感想です。

会計ソフトは、無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」 やよいの青色申告オンライン のほうがいいかな?という印象です。

といっても、受注・発注、見積り、納品書から請求書まで一括でできる専門クラウドサービスとしては、Misoca は今までどおり便利ですね。

また、freeeや弥生と連携出来るところもメリット。

ただ、freee(フリー)は、見積書・納品書・請求書まである仕組みもあります。

ただ1,980円(税抜)のプランでは、複数納品書の合算請求は行えないので3,980円(税抜)のプランを申し込む必要があります。
※ココは注意点です。

弥生クラウド+MISOCAプラン100だと、月々の料金は、5,167円(税抜)

freee(フリー)の月々のランニングは、同じ機能が使える場合3,980円(税抜)

差額1,187円(税抜

また、試算してみて、どちらが最終的な結論を決めてみたいと思います。

新MISOCAのお申込みは、下記バナーから!!

会計ソフトfreee(フリー)に興味が有る方は、下記バナーからーーー!!

(アフィリエイトリンクでござる:D)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク