佐川急便週休3日制について早速ドライバーさんに聞いてみた

スポンサーリンク

通販をしている関係で、佐川急便さんが定期的に集荷に来ていただいています。

佐川急便、週休3日制導入=ドライバー確保へ

 宅配大手の佐川急便は6日、ドライバーに週休3日制を導入することを明らかにした。インターネット通販の急増で、宅配便業界では集配や集金も担うドライバーの不足が深刻化している。同社は「さまざまなやり方で人材を確保したい」という。トラック待機時間、記録義務付け=長時

引用元:JIJI.COM 時事通信社

上記の記事について、早速をきいてみました。

佐川急便ドライバーさんの反応

「全く聞いてなくて、ニュースを聞いて初めて知りました!今日、喫煙所で話題になってて、昔からいる人間には関係無いんじゃないかなー!では、失礼します!!」

と、いつもの爽やかな感じで応対していただきました。

色々とお話したんですが、まだ末端の現場(鹿児島)まで話はいってないような感じですね。

たしかに記事をよく読んでみると

 東京都と山梨県で正社員の中途採用のため、週休3日制による募集を既に開始した。応募状況などを見ながら、他の地域や既存のドライバーへの適用拡大も検討していく考えだ。
1日当たりの勤務時間は、現行の週休2日制では8時間が基本であるのに対し、3日制では10時間になる。メリットとしては休日の増加で、家族と過ごしたり趣味に充てたりする時間を増やせると説明している。
週休3日制で東京都勤務の場合、残業代や諸手当を含めた月収は27万~36万円程度と想定。1日の勤務時間が長い分、残業時間が短くなり、2日制(30万~43万円程度)より減る見込みだ。このため、コンビニエンスストアでのアルバイト勤務など一定の兼業も認める

引用元:JIJI.COM 時事通信社

アルバイト勤務などの兼業を認める←コレ、ただでさえハードな佐川急便さんなのに、よりハードにダブルワークしてもいいよ。強いて言うならダブルワークしないとお給料少ないよ(と勝手に読取りました)

っておーい笑

佐川急便、定休3日ドライバーの方は、副業で佐川急便なのかもしれませんし、フリーランスの方が、お金が無くて佐川急便の定休3日ドライバーになるのか?!

週休3日の仕組み

週休3日制度の仕組みは、記事中にもありますが、

1日10時間、週4日で40時間+残業代と言うか形にするということですが

例えば8時〜20時まで拘束(休憩2時間ないし1時間半想定)プラス残業1〜2時間でしょうか、それを4日間行う。

週休2日と週休3日の比較

週休2日社員 週休3日社員
出勤日数 5日間 4日間
1日あたりの勤務時間 8時間 10時間
通常勤務時間帯 8〜17時 8〜20時
残業時間(21時まで行った想定) 約5時間 約2時間
1ヶ月の総労働時間 260時間 240時間
給与 30〜43万程度 27万〜36万程度

上の表の勤務時間や残業時間は、あくまで”仮定”です。

週休2日と3日どちらがお得?

実際、どうかと思うと、人それぞれだと思いますが、

追加で月に20時間別の場所で労働を行う(例えばフリーランスでデザインや記事校正の仕事を月20時間、週あたり5時間行えるとなるとお得感があるとおもいます)と考えると、中々厳しいのではないでしょうか?

それも、コンビニエンスストアでお休みの1日を5時間労働するとなると、中々肉体が堪える気がするのですが。。。

佐川急便のドライバーさんは、みんな体が鍛えられたエースたちなので、まだまだ大丈夫なのでしょうか?!笑

記事中には、家族との時間とありますが、恐らく別の仕事を行うと逆に家族との時間が減るのではないでしょうか。

さいごに

ニュース記事のタイトルを見たときは、おっ!ついに労働効率化などを考えるのかな?

と思ったのですが、新たな仕事スタイルの提案ではあるものの、実際は、現状より安くで雇おうというのは私の気のせいではないよな気がします。

まだまだ、労働効率化は先の話なのかもしれません。

うちに来てくれる、佐川急便のドライバーさんいつもありがとう。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク