雇う側からみた求人媒体やエージェント

スポンサーリンク

各求人広告会社さんの、新卒さんが入ったのか、営業電話が良く来る季節になり、マイナビさんなどは、仲の良い営業さんが来るので簡単に”お話だけ”でも、良く聞いています。

自分用に少し求人広告系をまとめてみました

(一部アフィリエイトリンクもあるでござる:D)

紙媒体で多種多様、年齢も幅広い層が獲得できる求人サイト

リクルート系がダントツで得意としていますね。

タウンワーク、fromAnavi、とらばーゆ、Indeed、はたらいく、など様々な媒体を持っているので、データも豊富。もちろんガチの営業さんもいるので対応は◎です。

ただ、先駆け企業とのことで、だいぶ強気の価格設定で、昨今の求人状況を見ると中々厳しいの現状で、こんだけお金かけたのに求人こない!などもあります。

【デメリット】

広告掲載費用が、割高。10万円〜が基本です。

紙媒体系(タウンワーク)などは、全く外れが来たりします。

<とらばーゆ>

<fromAnavi>

若い世代、インターネットが「あたりまえ」に使える求人広告媒体

マイナビが、そのへんは得意としている媒体です。

アルバイト・契約社員の求人だと、他社に比べ掲載料も安く、求人を出すことができます。

*値引きはありません

リクルートと同様に、歴史ある企業です。

営業はリクルートほど派手ではないですが、真面目な印象を持ちます。Webサイトがやや見づらいのが玉に瑕です。

ちなみに、最近は、頑張っては居ますが求人だしても来ないことは多いです笑

<マイナビ転職>

なんやかんやいってもハローワーク

ハローワークの安定さで、求職者が来ないことは、まず無いです笑

多種多様、様々な方がいらっしゃいます。

本当に、ええ?!ええ?!その格好できちゃう?中卒のコンビニエンスストアのバイトじゃないんだよ!!って言う感じの人もきますし。

履歴書をお願いしますっていて、スーパーのチラシの裏に適当に書いてある方や…

凄く優秀な人財を得ることは、正直「宝くじに当たるレベル」な気がします。

エージェント系

○○エージェントや、転職サポート会社がありますが、いいような悪いようなで、1次フィルターを掛けてくれる存在だと思っています。

営業系の求職者も連れてきてくれるので、営業になりたい人を容易に見つけることが出来ます。

その人の年収の一部を、報酬対価として支払わないといけないので、そこのコストを掛けられるか、もし自社である程度、求人広報活動ができるのであれば、そちらにしたほうが良いきがしないでもありません。

さいごに

結局、今どこの求人広告に乗せても、人の応募は少ない傾向にあり、広告出しても応募が来ないことが多々あります。

よく、考えると、自社の求人内容が他社に比べて時給や休みが少ないなど、様々な要因があります。

もし求人がこないのであれば、求人広告の営業に文句をいうのではなく、良く求人が来る求人の特徴を見せてもらうことや

実際に、自社の時給・休日・仕事内容などを見つめ直す必要もあると思います。そこで、高時給がだせないのであれば、業務フローの改善、生産効率の改善を見つめ直す必要があると個人的には思っています。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク