続・YouTuber Hikaruの新規ビジネス「高校生」の採用枠の拡大

スポンサーリンク

以前書いた記事

ふと先日、Youtubeをみていたら、最近話題のYoutuber Hikaruの「新事業」というサムネイルの動画が上がっており、若手起業家と...

経過を、見ながら、時折動画を観察していました。

書いた当初に比べると現実味をなしてきたなと思う反面。

そうだな・・・高い壁があるなという感じ。うん。そうだな。記事を書いた時よりは興味がなくなってきました。しいて言うなら今は興味がない

鹿児島は高校新卒採用が多い

私の出身地である、鹿児島県は高校卒業で就職する人は多いほう、私が行っていた高校は、卒業後99%が大学進学・浪人を行う高校でした。

10年くらいたち、鹿児島の企業に入り、社内基幹部にいたときですが、基本は高校卒業、ないし高校中退、良いほうで専門学校卒業。

鹿児島内の大手企業さんだと、県内の大学。鹿児島大学(国立)や第一工業大学、純心大学、志學館大学などの学生さんを獲得することが可能なのでしょうが…頑張っている中小零細企業には、大学新卒採用する体力も、基準もありません。

中卒、高卒者の教育カリキュラム

中小零細企業では、無いに等しいです。

お手伝いしている会社さんでは、グループ会社に多数の高卒者がおり、文章の書き方などを指導させていただいています。

大学新卒に比べると、やはり難しい・・・

  • 言葉遣い、言い回し
  • 常用漢字の使い方・書き方
  • 文章校正力(正直私もある方ではありません)
  • 電話の応対
  • ビジネスマナー、コミュニケーション、文章 などなど

すべてにおいて、おま・・・高校でなにをやっていたんだ!

と突っ込みたくなるレベルの子もいます。

もちろん、素晴らしい子たちもいます。

ただ、新卒就職紛争を通ってきた子たちには、及ばないです。

カリキュラム、採用後の計画をキッチリやるべき!そうそれが教育カリキュラムです。

高卒・大卒の隙間を埋めるには?

上で書いた通り、教育カリキュラムが必要です。

  1. ビジネスマナー
  2. ビジネスコミュニケーション
  3. ビジネス文章(これは本当に最低限でいいレベルで)
  4. ビジネス電話
  5. プライベートでの社会人としての行動

この5つだけで十分です。

この5つ、いかにクォリティーの高い講習を受けさせるか…が課題になります。

ただ、講習者のレベルが高すぎると、おそらくついていけなくなるので、本当に最低限のレベル教える講習を受けさせることが最も重要です。

大手求人広告会社が、定期的に行っている講習をうけるのがベスト!

と勝手に思っています。

アナウンサー出身のかたやコールセンターエリートの方々のマナー講習も、数十倍ためになるのですが、どうしても…お堅くなりすぎてしまうで、高校卒業したての子たちには厳しいのが現状です。

経営者が、最初からうちは厳しくするのが、社風だ!というのならば別ですが。おそらくそういう会社は新卒定着せずに紹介で回してるのではないでしょうか。

さいごに:なぜ、こんな記事を書いたのか

最近、高校卒業して就職して2-3年目の子たちに「顛末書」や「報告書」を書く講習をした経緯があります。

伝える文章力

↑もっとも自分に必要なことなんですけどね。

を補うこと!

そのためには、本当に基礎力というのが必要だと、確信しました。

今、新卒の成長に悩んでいる経営者の方…少し見方を変えると

その新卒の子たちが、ダイヤモンドの原石に再度見えるようになりますよ!!

PS:WordpressのSEOプラグインYoastを外してみた…

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク