モリサワWebフォントを使えるレンタルサーバーは1つじゃない!

スポンサーリンク

先日書いた記事

エックスサーバーでモリサワWEBフォントが使えるだと
こんにちは。 Webとかも作るマーケッター兼商業デザイナー()です。 twitterを見ていると、エックスサーバー( )がモリサ...

モリサワWebフォントが、使えるようになったよ!とご案内しましたが

実は、エックスサーバー以外にも、使えるレンタルサーバーあります。

それはーーーー

さくらインターネットhttp://www.sakura.ne.jp/) 

よくインターネット広告等で「月額129円からのさくらのレンタルサーバー」なんて言葉を目にする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

老舗のレンタルサーバー屋さんで、稼働率も非常に高く、クライアントさん(特にコーポレート系)は、さくらを利用することも多いです。

モリサワWebフォントで比べる さくらインターネット vs エックスサーバー

さくらインターネット エックスサーバー
プラン スタンダード~ 全プラン
料金 無料 無料
WordPress プラグイン対応 プラグイン対応
利用可能ドメイン
上限PV数 2.5万PV/月 2.5万PV/月
種類 30種類 20種類

種類でいうと、「さくらインターネット」に軍配が上がります。

さくらインターネットのライトプラン(月額129円~)とメールサーバはモリサワWebフォントは利用ができないため、全プランで利用ができる「エックスサーバー」に軍配が上がります。

サーバースペックでみるとどちらが優位か

転送速度でいうとエックスサーバー

安定性でいうと、さくらインターネット

完結いうとそんな感じです。

転送速度の上下が激しいのは「エックスサーバー」ですが、一定の安定速度は「さくらインターネット」

転送速度は、表示スピードに影響するので、やはりエックスサーバーに軍配があがります。

「さくら」は、PHPやMySQLの動きが遅いので、動的なサイトなWordPressには不向きです。逆にHTML形式のサイトには非常に向いています。

クライアントの公式HPでWordPress+モリサワWebフォント+さくらインターネットを利用した際、もっさり動く印象になってしまったので、プラグインなど様々な対策をしてスピードアップした記憶があります。(結構大変だったなぁと)

今、新しく作ったさくらインターネット+モリサワWebフォントプラグイン+WordPressで作ったサイトは、試行錯誤なしでもサクサクと動いております。

WordPress使うなら専用サーバがおすすめ

このサイトは、AWSのEC2というもので動かしています。

おそらく高速ではありますが、ビジー状態になった場合、マシンスペックを上げなければなりません。その辺は意外と簡単だったり、RDSというものをつかったりとかいろいろできるんですが、結構知識が必要で、私もいろいろな人に聞いて試行錯誤しております笑

そう思うと、WordPress専用サーバーがおすすめです。

モリサワWebフォントも使えて、転送速度も速い、エックスサーバーのwpXクラウド

最後に:どっちがいいかというと

またまた、個人の自由とかいう逃げを使いますが、お好みのほうかなと。

安定のさくらインターネット

速度のエックスサーバー

私は、利用頻度としては、2社を比べると5:5です!

WordPressサイトはエックスサーバーが多いかな…

2017年7月17日 データの更新を行いました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク