Google FontsのNoto Sans にwebフォント変えてみた。

スポンサーリンク

GoogleフォントのNoto Sansに、当サイトのフォントを変えてみました。

ちゃんと動いてる・・・と思うんですが

Noto Sansとは

Google が作成したフォントで、スマートフォンなどにも対応したフォント。

また、no more TOFU とうことで開発されたそうです。

*Tofuとは豆腐文字→□(四角)、〓(ゲタ)、□に×など、機種依存だったりする文字

UDフォントに限りなく近いと思います。

日本語・中国語・韓国語は2バイト文字なので、Googleのみだけで開発はしていません。

Adobe、イワタニなどの協力を得て開発しています。

日本語用のNoto Sansはウェイトも6種類準備されています。

日本は、様々なウェイト文字も使い分けるとGoogleサイドからも認識されているのではないでしょうか。確かにそうかもしれませんね。

重要なNoto Sansのライセンスですが、Apache License, Version 2.0もしくはSIL Open Font License, Version 1.1

商用利用、修正、配布、特許の利用許可、または派生物に別のライセンスを課す(Apache License, Ver 2.0)

ライセンスを付与されたフォントの使用、研究、改変、再配布を、フォント自体を販売しない限り自由に行うことを許可します。(SIL Open Font License, Version 1.1)

いろいろなサイトで、源海明朝やNoto Sansを装飾したフォントが、無料で配布されている場合があります。

無料フォントで改変して再配布する分には問題ないよ!ってことなんでしょうね。

ちなみにwebフォントも特に問題なしのようです。

webフォントとして使うには

importを使って適用する。

Bodyの部分に

WordPressの部分はCSSの部分に

font-familyの後ろに

を追加してください。

もちろん@importのところを入れてください。

視認性はよくなったか・・・

とりあえず、この結果を出すのはステイです。

読み込みが、Googleのサーバーからのフォントにしているので読み込みは早いはずです。

あとカーニング(字間)が、若干心配くらいです。

今ままでの、フォントは、小塚ゴシックプロでした。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク