昨今の企業のWebサイトのあり方

スポンサーリンク

結構な数、企業のWebサイトを作る機会がありました

社長さんは、それぞれホームページに求めるところがあったり、企業によっては、費用対効果を求める企業もあれば、とにかく作った方がいいのじゃないかな。という方もいらっしゃいます。

マーケティング・企業与信・法人セールス・デザインなどをしてきた人間が思う企業ページのあり方のメモ羅列です。

企業(会社)にとって、Webサイトとは

インターネット上の会社受付

で、

実際に、大きい会社などの受付は美人で、若い方が多い

のと

同様で、ウェブサイトには、できる限り新しい情報を、かつ見やすいものがおすすめです。

商社系の商材を複数個あつかうのに1カラムのサイトにしてたり

逆にアパレル系のブランドイメージを先行するのに2カラム、3カラムと複雑に設定しているなど

色々なパターンがありますが、会社の”業種”に応じて、トップページデザインをデザインしたほうが良いです。

また、色もコーポレートカラーをメインにあしらうべきだと思うのですが

生鮮食品系にもかかわらず

「紫」や「青」などを多様すると、イメージがつきにくいですね。

あまり、生鮮食品系の企業さんでコーポレートカラーを「紫」などにされる方は少ないとは思いますが・・・

などなどなど

意外と金融機関・与信機関は見てる。企業のホームページ

過去に、私も法人セールスもしながら与信担当者をしていた経緯がありますが

与信会社など(帝国データバンクや東京商工リサーチ以外)にも、ホームページはよく見ています。

最近などは、郵便局系もホームページに情報記載があれば、必要な書類が少なく済んだりと様々なメリットがあります。

ドメインによって信用度が違う

Web会社さんによって、考え方は違いますが、

.net や .comなどを多様すると思います。

理由は簡単です。取得費用や更新費用のコストが安いからです。もちろんドメインパワーは強いです。

与信的には、普通。

ビジネス向けドメインだと .bizなども、割とオススメです。

日本だと

.jp

もおすすめです。

.jpは日本に所在がある人が取れるドメインになっています。

日本の法人であれば

.co.jp

が最もおすすめです。.co.jp

*.co.jpは法人専用ドメインです。取得する際も法人登記関係の書類も必要なので、取得ハードルは高いですが、信用度は高いです。

最後に

ドメインは、一度決めてしまうと、なかなか変えられないものなので、最初のスタートは大切です。

ドメインなどは、会社内のメールなどにもつかいます。

.net .com などにせずにできる限り.co.jpに、ないし.biz .jp などのビジネスに近い。限定的なドメインを使うことがオススメ。

ECサイトなどは.shop .comなどもいいですね。

今回は、ドメインの話になりましたが、今後私が気をつけてることメモを残していこうと思います。
2017/07/12 誤字を修正しました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]
スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク