ポテンシャルが高い都市、鹿児島は2位だって

スポンサーリンク

ポテンシャルが高い「日本の都市」ランキング 2位鹿児島市、1位は? | ZUU online
国内100都市を対象に、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状や将来のポテンシャルを分析してランキングした「成長可能性都市ランキング」が発表された。地方創生のカギともなる、伸びしろの大きいポテンシャルが高い都市はどこなのだろうか。

こんな記事見つけました。

野村総研発表のデータを元に記事にしています。

私、こんなボーっとしている記事ばかり書いていますが、投資・投機(デイトレード)なども行っています。市場調査(マーケティング)などと類似しているので、とてもおもしろい業界なんですね。

恐らく、FXとか株の記事を書けば、PV数も上がるんだろなーっておもって書いてません笑

鹿児島のQOLが高い

QOLとは・・・クォリティオブライフのことです。生活の質・生命の質が高いとのことです。
いや、本当に高いのか?って思うんですが…
生活の質が高い…生活の質が高い?
様々なものを巻回すると、QOLは高いそうです。
実際様々な環境にいると、QOLが高いとは思わないんですけどね。
記事中にあるのは
コミュニティの成熟
地域の共助精神
この2つですが、良くも悪くも鹿児島の成長要因でも成長阻害要因だと、思っています。

コミュニティの成熟

異業種交流会や、人を繋ぐことなどが非常に頻繁に行われています

○○会や、××交流会など頻繁に行われています。俗に言う「飲み会」です笑

また、JCIやライオンズクラブなどのコミュニティも非常に盛んに行われています。

こいうメジャーネームじゃなくても、若い人たちの地域コミュニティなども非常に盛んです。

コミュニティに参加したい人、そういう組織にいて満足な人たちは、ビジネスにとってもメリットが大きいです。

地域の共助精神

ボランティアや、お互いを助け合うところは、本当に日本各国、海外にも住んでみて思いますが、ナンバーワンではないでしょうか。

ただ、こういうのって良かったり悪かったりで、本当はお金欲しいのに、お金をもらえない状況になったりとかの愚痴をちらほら聞きます。

なかなか、お互いの関係の距離感というのがつかめなかったりするようですね。

移住者支援に力を入れている

コレはあながち間違いはないのですが、よくUターン、Iターンの県の担当の方とお話をする機会があるのですが

正直、Uターン、Iターンしていただいても、割に合わないだと受け入れ側の能力不足など、様々なことがあるようです。

力を入れていても本当に活躍してもらってるか、鹿児島をPRできているか。逆に刺激になるよように、鹿児島の企業へアクションを与えているかと言われるとそうでもないと思います。

私も、同じ立場でありましたが、「東京モンが」「都会の野郎が」「海外?だからなに?」というの第一認証を受け、ヤル気を削がれました。

こういうことやりましょうよ。っていうと都会じゃそうかもしれないけど、ここは鹿児島だから

と言われる始末。都会も鹿児島も変わらず日本ですよね?

って思います笑

経済基盤や人材確保

平均以下になっていますね。

間違いないです。

どこの、地方もですが優秀な人材は、ほぼ県外ないし海外に流出します。

経済基盤としては、鹿児島県の平均年収はしたら2番め。

また、実は収入が低いのに

家賃が高い

物価が高い

ローンの利率が高い

など、実は負の経済連鎖が怒っています。

人材確保は、大きな課題と、あと県外の優秀な人は、なかなか定着しないだろうなと言う感じのことも多いです。

まとめ

福岡の企業誘致は、世界レベルで行われているのが最もなポテンシャルアップ1位だと思っています。

若者起業支援や、外資支援も相当あり、法人税の軽減や補助金も多数あります。

その点鹿児島県は、今から伸びて行く地域だと思います。

九州新規参入のチェーン店などは

福岡 → 鹿児島 → その他

となっている状態も多いですし

あとは、鹿児島の地元企業がいかに柔軟に対応するか。

また、富山の上場企業のように、ある程度優秀な人材を確保するために、色々な発言ができるくらい出ないと厳しいかもしれませんね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク