飛行機の後ろの、穴って・・・

飛行機の、後ろ穴。知ってますか?

いや素朴な疑問じゃないですか。

飛行機の、後ろの「穴」

>そんなの知ってるよ!

という方は、スルーしてください。

この穴は、補助動力装置

APU(Auxiliary Power Unit)、日本語では補助動力装置という名称で、小さなジェットエンジンです。

補助動力装置の役割

駐機中に、電力や空調などを回すために発電するそうちでもあり、

プッシュオフ(滑走路に戻す行為)の後に、ジェットエンジンを指導するための補助装置です。

また、補助動力装置のジェットエンジンは、小型の為バッテリーから発電ができる等のメリットがあります。

JALなどはCO2削減のために、このAPUの時間を短縮しているそうです

もちろんジェットエンジンなので、稼働中はCO2を排出します。車でいうとアイドリングのような状態。

その点を、解消するために、地上から電源や、空調を供給してCO2削減、エネルギー削減をしているそうです。

JALホームページより

このAPUってのは、空港によって地上設備が違っても飛行機がしっかり飛べるようにするもので開発されたそうです。

飛行機よく乗るんですが、ふといつもの風景を不思議に思うと、なんだか楽しい!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク