ドメイン管理の仕組み「DNS」が変わるようです。

スポンサーリンク

DNSの暗号鍵の一部が、2017年7月〜18年3月にかけて更改されます。

恐らくレンタルサーバーを利用している、エンドユーザーには関係ない話かもしれません。

DNSとは

IPアドレス(192.169.x.xxx)を、https://hitoc.meのように、URLに変更する「検索」の仕組みです。
検索結果が第三者に改ざんされないように、セキュリティキーを使っています。AWSなどを利用している人は、そのへんの知識はあると思います。

今回の変更は、DNSSECという電子署名付きでの運用になります。
電子署名付きにすることで、セキュリティをアップし、第三者による改ざんされないようになります。いえ「されにくくなる」という表現が妥当かもしれません。

スポンサーリンク

9月19日以降、URLを叩いてもホームページに飛ばないなどある場合は
ソフトウェアの更新が必要になります。

  • キャッシュDNSサーバ
  • DNSSECのトランスアンカーの自動更新

を行う必要があります。

この辺から考えて関係するのは自社サーバ構築をしている企業だったり、ネットワークサプライヤになるるでしょうね。

もし、レンタルサーバー利用者のエンドユーザーが使えなくなった場合は、サプライヤが更新を指定ない可能性があるので、確認をしたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク