転売ヤー、せどり、その転売違法かもしれません。

転売屋

その転売行為、違法かもしれません。

せどり行為=転売行為、それ違法かもしれません。

せどり行為は、法律に抵触する場合があります。
日本には、「古物営業法」という法律が有り、古物を扱うには許可が必要です。

転売行為は、古物営業法に抵触する場合があるので、許可を取得しなければならない場合があります。

古物とは

一度消費者の手に渡り、何らかの理由で、再び売り出された製品のことを古物と総称します。

日本では、大型船舶、鉄道車両、航空機、大型機械、不動産は古物としては取り扱いはしない法律となっています。それ以外に金券の一部も該当しない場合があります。

古物商営業許可を取る必要がある行為

一般に、反復継続して古物を売買取引を行う場合は、古物商営業許可を取る必要があります。

例えば、商品を売るつもりで購入 → 各オークション・フリマサイトで販売。この行為は、古物商営業許可が必要です。

この辺は、プレミアになると思って購入した。コレクションを購入した。10年後高くなると思って売却するつもりで購入した場合どうなるの?

→聞いてみました。その人が、第3者に売るのであれば古物商が必要で、そういう専門の業者に販売する場合は、個人→法人なので古物はいらない。正しくは警察に確認したほうがいいとのことでした。

古物商営業許可を取らなくていい場合

  • 全くの無償で引き取ってきたもの。
  • 処分手数料等を徴収して引き取ったものを売る場合は、古物商の許可はいりません。ただし、廃棄物の処理及び清掃に関する定められた許可を要する場合があります*警視庁HPより)

古物営業法は、盗品等の流通防止や、早期発見を目的としているので、このような条件があります。

スポンサーリンク

レンタルをする場合は、古物商営業許可が必要です。

古物営業法許可が必要な場合は、古物を買い取ってレンタルにしよう要する場合は、許可が必要です。

製造・販売メーカーから新品を購入してレンタルする場合は、必要ないです。

これは、最近の安いレンタカーのとメーカー系レンタカーの違いですね。

  • 古物商が必要なレンタカー ニコニコレンタカーなど
  • 取得必要がないレンタカー トヨタレンタカーや日産レンタカーなど

こういう感じにするとイメージつきますね。ニコニコレンタカーは中古車を利用したレンタカーのシステムです。

まとめ

転売などをするときは、法律的に問題があることがおおいです。
古物商は個人でも取得することは可能です。もし、珍しいものを購入して、せどりやオークション・メルカリなどで販売する場合は取得する必要があります。
知らぬ間に犯罪を犯していて、逮捕されないようにしましょう。

参考にしたサイト:警視庁 古物営業法FAQ
スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク