U・Iターンのメリット、デメリット

スポンサーリンク

私も社会人になってから、実際にUターンしてきたし、Iターンをしているメンバーと鹿児島で仕事をしてきました。

あくまで私個人、私の仕事仲間の意見ですが、U/Iターンの就職を検討している方は参考にしていただければ幸いです。

U・Iターン就職のメリット

地域密着企業が多く、自分の育った街、自分が好きな街に貢献できたり、それに携わりやすい。

産業と地方自治体が密着しやすい傾向にある地方では、都内では全く別の所の話が、サクッと入ってきます。都会ではなかなかできない経験ができます。
また、団体なども近い上に話をする機会が多いので様々な「活動」に参加・参画することができます。

満員電車から、解放される。

朝6時半〜8時半くらいまでの、通勤ラッシュから解放されます。
地方だからといって、通勤ラッシュがないわけではありません。地方の通勤ラッシュはだいたい都内のラッシュの終盤戦と言う感じです。
仙台、名古屋、関西、福岡などは、都内のラッシュと変わらない感じでした(出張いった感じでは)

地域コミュニティ活動が盛ん

とにかく盛んです。コミュニティ活動が好きな人は、どんどん参加していきましょう。

スポンサーリンク

U・Iターン就職のデメリット

賃金が安い

都内のマイナス20%とかザラです。
地方だと家賃も安いし、ものも安いしっと言う意見があると思いますが、実家住まいだと家賃がかかりませんので、お金もたまると思います。
しかし、Iターン就職の場合は家賃も発生しますし、地方の場合は移動に公共機関が利用しにくい場合があります。その場合車をローンで購入する場合、ローンの支払い、利息(地方の場合は利率が高いです)、駐車場代、税金が発生します。都内にいるとある程度の収入まで車などを持てないと思いますし、エリアによっては維持するのも難しいと思います。そもそも車が必要ない場合も多いと思います。

時間にルーズ

時間にルーズですね。
約束の時間は、とにかく守らない人が多いです。
決して総数で言うと、時間が守らない人が多いわけではないんですが、頻繁に時間に遅れる人が発生するので、目立つだけだと思います。
また仕事も、少しルーズな傾向にあります。

人付き合いが多い

仕事での人付き合いもそうですが、仕事からの人付き合いが多くなります。
そのぶん、飲み会もやや多い傾向になります(特に九州)
飲み会大好き!と言う方であれば、最高です。知らぬ間に支出も増えて行く感じになりますので、それが良いか悪いかは判断。また仕事が飲み会の席で決まることもあります。
これはデメリットかと言われるとそうでもない気がしますが、平日は仕事!土日はプライベート!って思ってる方は難しいかもですね。

最後に

実は、ほとんどのIターンしたメンバーは、都内に帰っています。

私の世代と言うのもあると思いますが、やはり仕事に刺激が欲しくスピード感や、自分が作り上げていきたいと言う人には向かない傾向があります。

少しやりにくいというのもあると思います。

実際、地方で稼ぎのいい会社は、東京とかでビジネスも展開しています。

これが現実だと思います。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク