HOLOSUN HS403A 使ってみて【レビュー】

スポンサーリンク
  • 同じHOLOSUN製品ですが
    前回レビューしたHOLUSUN HS503Cとは違う製品になります。
実銃対応のドットサイト、Holosun HS503Cというのを買いました。 前の会社にいたころの元部下の誘いで始めたサバイバルゲーム(...

HOLOSUN HS403Aとは

HOLOSUNHS403S

実銃対応ドットサイトメーカーHOLOSUNの、どちらかというとエントリーモデルという位置づけでしょうか。値段も安い設定になっています。

HS403A、HS503C、ノーベルアームズT1と比較

HS403A HS503C コンバットT1
レティクル LED
ドット(2MOA)
LED
サークル・ドット切り替え式
LED
ドット(4MOA)
バッテリー CR2032R CR2032 + ソーラー CR2032
倍率 1倍 1倍 1倍
防水 1m防水 1m防水 *撥水加工
稼働時間 5万時間(5年連続使用時) 5万時間(5年連続使用時0
サークルドット使用時2万時間
記載無し

簡単に比較するとこんな感じです。

HOLOSUN製品は、実銃ユースなので、キルフラッシュやレンズガードなどは付属しません。

その点はノーベルアームズコンバットT1の方がサバゲーユースです。

この3つを私主観で比較した場合

レンズの色見

*上の表ではHS403Sですが、正しくははHS403Aです。

他にも、EOtechなどももっているのですが、チューブタイプのみを表示しています。

人によって色の見え方が違うので、一概に青い・青く無いは、比較できないですが、サバゲ仲間曰く、全然青みがかってないとのことでした。

私も同意見です。

レプリカだとコーティング云々でレンズの青くみえますよね。

総合的に、Holosunをおすすめします。

また、Holosunの特徴ですが、ダイヤルがサイドに突き出してないので、見やすいと感じます。

どのチューブサイトよりも、透明!と感じれます。

スポンサーリンク

Holosun HS403Sのここがダメ

電池の入れ方

ホロサン電池蓋

この入れ方なんですが、星型ネジを採用しているホロサンでは、裏にあると電池交換が、めんどくさいです。

HS503Cなどは、トレイ式を採用しているので、マウントを外さなくとも電池交換が容易です。

HS403Aの場合は、マウントを外して電池交換します。

ただ、5万時間耐久するのでこの作業自体あまり無い気がします。

マウント

マウントはQDマウントではなく、星型ネジを利用したマウントです。

星型レンチを利用しないと、締め込み緩みができないのが何よりもめんどくです。

海外のレビューでも、マウントだけが残念。などのレビューも見つけるので、これだけは改良してほしい点です。ちなみに社外Fortis mount系はつけられないという話です。実際どうなのか、またためてして見たいと思います。

他は完璧です。

HOLOSUN HS403Aを購入するには

最近(2017年8月現在)、アマゾンにて購入が可能です

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク