北朝鮮のミサイル発射で思う、、、

スポンサーリンク

朝起きると、北朝鮮がミサイル発射をし、Jアラートが鳴ったとニュースになっていました。

「当面動きなし」

から、いきなり

「動きあり」

になった。

簡単にもうすと、俺やらないから!っていいつつ、数時間後にはやっちゃう方便な人ですね。

もうすでにロシア・中国の自制が効かない状態みたいですし。

個人的には北朝鮮は八方塞がりになっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

全方位地図で見る北朝鮮のミサイル着弾位置

実際ニュースなどでも、地図で説明されていますが適当な位置ではないです。

こういう飛翔物の場合は全方位地図を使った方が解りやすい。

北朝鮮のミサイル地図北朝鮮を中心とした全方位地図。

株式会社オンターゲット様のどこでも方位図法の画像を再利用しております。

この地図を見て通り、4000km以内に入っているのはグアムですが、6000kmにアラスカが入ってきます。

ちなみに、アラスカはアメリカ合衆国です。ニュースやインターネットのコメントでハワイか?というのも拝見しましたが、ハワイ狙うならアラスカ狙った方が容易い気がします。

ただ、被害でいうとハワイ>グアム>アラスカかな・・・でも人が住んでいる、人がいるのは間違いないので、どこが安心とかは絶対にないです。

こういう地図を見た後に「ミサイル防衛反対」とか「戦争反対」とか言っていただきたいものですが・・・笑

日本は全部射程内

ということがわかると思いますし、皆さんご存知だと思います。

ちなみに、今回発動した、Jアラートとは

全国瞬時警報システムのことで通信衛星・スーパーバードB2が瞬時に、官公庁、地方公共団体、指定機関、などなどに発信されるます。

今回は発射から警報発動までの時系列は

5:57 北朝鮮 ミサイル発射 by韓国軍
5:58 Jアラート 発動 by総務省
6:06 北海道上空通過 by総務省
6:12 太平洋上に落下。ミサイルは三つに分離
6:45 菅官房長官 会見

動きが早いですね。

発射から約1分間でJアラートが発動していることになりますで、対応も早いですし

4分あれば、屋内の中心部に逃げ込む事が可能です。またPAC3も稼働しないということは、発射から1分以内に弾道を予測し、破壊しなかった自衛隊や米軍?の防衛システムは、やはり「すごい」と思いました。

Jアラートがなるということは、日本は危険に侵されている状態ですので、すぐ危険にさらされることがあることを念頭においとかないとマジやばいってやつですよ。

安倍首相は、官邸に宿泊していたそうですね。

もしかしたら事前通告ないし、推測されていたものだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク