英語の誤訳が多い?日本のメディア大丈夫ですか…

スポンサーリンク

朝と夜は、さすがの「鹿児島」でも涼しくなってきました。

みなさま、いかようにお過ごしでしょうか。

はて、隣国「北朝鮮」通称朝鮮民主主義人民共和国さんが、ミサイルを撃ったり、水爆実験をしたりしていますが、その際アメリカ大統領トランプさんかの翻訳が間違っていることが多々あります。

故意なのか、それとも翻訳スキルないのかどちらかなのでしょうが。

Twitter等でも流れていましたが

北朝鮮のミサイルについてコメントを求めたときに

We’ll see

とトランプ大統領は、発言したことにたいして

日本のメディアは

様子見

と訳していましたが。

We’ll see. この状況場合だと、「そのうちわかるよ」という翻訳が正式な翻訳として選択されます。またその発言の後に北朝鮮に対して声明を表しています。

他にもニュース番組は、非常に間違いが多い翻訳をしています。

sorryの翻訳

前、テロで亡くなった人たちに対して

ごめんなさい

ではなく

この場合は、

お悔やみ申し上げます。

です。

私が就職活動などをしたときは、TV局って難関で入社するのも難しいはずなのですが…

このレベルで大丈夫なのでしょうか。

翻訳は、コストがかかっても歴史やシェアのある翻訳会社さんまたは、その分野に対して翻訳経験がある方に翻訳してもらうのが正しい翻訳が得られます。

大丈夫ですか。日本のメディア

疑問多すぎです。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク