iOSデバイス(iPhone・iPad)の画面を録画する方法

スポンサーリンク

一部間違いがありましたので修正いたしました。

最近、スマートフォンのゲーム実況など流行ってきていますが

Android端末系は、サードパーティアプリで録画が割と簡単にできますが、iOSは脱獄をしたりと…録画機器などを購入する方も多いと思います。

会社のシステム向けに、iPhoneなどの業務アプリの使い方などを録画する際に使っているのが

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878

遅延もすくなく、ゲーム実況する方なども使われている録画機器になります。

目視状態で、録画の有無が確認できるのがなによりもいいのと、ドライバ類が簡潔(いらない場合も多い)のが何より、編集はAdobeのPremiereでするので、まんまのデータでもいい上に、声の録音も後乗せしなくて良い点など、編集者にも優しい仕様です。

はて表題のことですが

macOS Sierraで簡単にiPad・iPhoneの録画を簡単にする方法

QuickTimeを使います。

USBでMacPCとiPhoneまたはiPadを接続します。

QuickTimeを起動

ファイル → 新規画面収録 →新規ムービー収録

新規画面収録新規ムービー収録を押すと下記画面が出てきます。録画ボタンの右のマークを押すと

どれを録画しますか?のような感じのものが出てきます。

なし → デスクトップを録画します。

なしの下に、USBに接続している端末が表示されます。

iPhone・iPadの名前が表示されます。それを選択すると、待ち受け画面が表示されますので、そのまま録画ボタンを選択

そしたら、録画できます。

Yosemiteのときは時間制限はあったようですが、今は特に時間制限はありません。

絵の練習を録画しました。特に遅延もなく表示できていました。

かなり簡単にできる録画方法です。もちろんWindowsでも似たようなことができます。

また、それは今度紹介できればと思います。

ちなみに、録画したのは下記のような感じになりました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク