チーフ・イノベーション・オフィサーとは

スポンサーリンク

最近、芸能人がCIOに就任などのニュースがちらほら、入ってきました。

新会社を設立、CIOとして就任

3日でCIOを退任してやった。

など

ニュース界隈が流れています。

いいことなのか悪いことのか、実際にビジネスがスタートしてからかなと思います。”innovation”という言葉を使っているので、革新的な何かをとかいうのがあるのですが、主観的に、広告ではないのだろうかという個人的な意見も多少ありますが、それを抜きにしてCIOとは何か。

スポンサーリンク

チーフ・イノベーション・オフィサー*以下CINOと記載とは

元来の意味を持つ、CIO=チーフ・インフォメーション・オフィサー、情報や情報技術を管理する、上位役員(Officer)です。または、CIOはChief Investment Officer(チーフ・インベストメント・オフィサー)投資最高責任者、という言葉でも使われます。

ほとんどの意味は、情報最高責任者の意味を持たせるます。

情報最高責任者は、アメリカでは、ロースクールで学び、情報技術に特化した人がなる場合が多く、情報系のPhDを所有する人間が非常に多いです。

少し話が、それました。元に戻します。

情報最高責任者のランクが上がったのがチーフ・イノベーション・オフィサーという役割を持つ形になっています。

最新のITの知見を組み合わせればイノベーションを先導できる。とういう組織の発達スピードを上げるための役割を持たす役割だということが言えます。

色々の役割分担してしまったところ、境界がスピードを邪魔しているということになってきたのが、昨今の事情といえるでしょう。

また、アメリカの調査会社ガートナーは「Chief Digital Officer」=「CDO」という概念を提唱しており、ITの進化を踏まえて、新たなビジネスチャンスをかぎとり、実現に結びつける人材・役割、チーフイノベーションオフィサーにもっとも近い人間だ。

と提唱しています。

チーフイノベーションオフィサーは、その点を踏まえ通常業務に+新たな分野を開拓または、新たな分野を開拓発見した、マーケターの要望により効率が良いシステム作りを管理運営していく役割の最高責任者です。

CIOとの区別を分けるために、CINOと表記する場合もあります。

報酬は、AVG, $175K (Linked Inより)

日本における、チーフイノベーションオフィサー

日本では、実際どのような立場の人をいうかは、おそらく私の調べる限り明確化されていないのが現状ではないでしょうか。

また、大企業でのCINO.CIOは、情報管理、社内向け・社外向けのIT部門管理を行なっています。

有名な方でいうとガードナージャパン、元ソニーCIOの長谷島さんかなと思います。グロービアズや様々なニュースサイトにもちらほらと名前が出てきます。

さて、結局日本の場合”innovation”ということばが曖昧に一人歩きをしているような気がして都合の良い言葉になっている。気がします。

おそらく、芸能人が主導して革新を起こしていきましょう。という広告効果や、また別の知見を持ちましょう。

という感じなのではないかなと思っています。

もちろん、アメリカと同じCINOの役割の方はいると思いますけどね。

まとめ

私的意見になりますが、やはり日本に置けるOfficer制度は、いまいちなところも垣間見れると思います。仕事をしながら大学に通うことなどが非常に難しい職場環境では、仕事の幅の広がりなどが非常に厳しいのではないかと。なので、職場環境の改革というのが、必要になるのではなりますね。Chief Boost Officer、生産効率最高責任者なんていうラフなOfficerがいれば面白いのにと思いました。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク