将来の夢、YouTuberは意外と大変な仕事だということを理解してもらわないといけない

スポンサーリンク

最近は、野球選手、サッカー選手などにならんでYouTuberという職業が上位人気になっていますね。

さて、わかって欲しいのが実はめちゃくちゃ大変な動画作成です。

私も、お仕事で動画を作成しますが、かなり大変です。

トップYoutuberという方々の動画はおよそ7分〜15分程度。

レビュー系、検証系、下ネタ系などなど、様々なジャンルがあると思いますが、ほとんどが15分以内の動画となります。

15分の動画を作成するのに、元データ(動画)の長さは人によりますがおよそ30〜60分程度。その必要な部分を切り出して、字幕をつけて、効果をつけて

書き出しを行う。

画質・効果などの付加によりますが、15分の動画を1080pで出力する場合、およそマシンスペック次第ですが私の動画編集機で40分程度です。

動画撮影に、40分

編集に、60分

出力に40分

計140分

1本つき、2時間弱必要です。

1日には24時間、そのうち睡眠時間は6−7時間程度。

ずっと働くわけにはいきませんが、1日3本(メイン・サブ・ゲーム)と投稿するにはおよそ8時間の時間が必要です(一人で行う場合)

それを毎日投稿するとなると、31日ある場合、毎日働いてます。休みなんてありません笑

ある意味ブラック企業です。

なので

休みは必要です。

毎日稼働する=お金はもらえます。

それでも

YouTuberなりたいですか?

ちなみに

年収1千万くらいであれば、大企業に就職する、エンジニアになるともらえるようになります。

また安定して収入もあります。二股や、恋人問題で報酬が減ることも原則ありません。

さて、コンテンツを作りたい、人をたのしましたい!

なんてのは、Youtuberになるべきです。

なりたい、自分になるために努力することが一番楽しい時間です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク