モノに支払う気があるのに、コトに支払う気のない企業

スポンサーリンク

完全に愚痴ですが、

今回、同じデザイン・印刷業を行う企業さんから、ECサイトの構築案件が来ました。

あくまで大体の見積もりですが、

作成に関して、50万〜300万まで幅があり、一概に言えないし作業開始したら途中キャンセルというのは原則できない。ことを伝えるといきなり

こっちの業者なら30万で作れるとか言い出す始末。

それも、中身がわからないから、なんでそんなに高額なのか解らないし、費用対効果が望めるかわからないものに、お金はかけられない。と言い出す。

いやだったら、EC自分たちで構築して下さい。ってなります。でもそれは出来ないと言い出す。

ECの構築は、通常のホームページに比べると工程も多くAPIなどの設定、運用に関するトラブル防止のための施策。プライバシーに関するセキュリティ対策なども組み込みますし、通常のホームページのようにトップページや各ページをデザインしてコーディングまで行います。

ほぼ全て作業料金なのが納得できない模様。

いや全く持って意味不明なのが、同じデザインなどを提供するビジネスを行う企業名のにも関わらず、こういうコトに対して支払うことを嫌がるのは、非常に仕事を受ける側としても、気に食わないのが私として思ったことです。

同じ

0から10を作り出す業種としてはいかがなものなのかと思います。

最終結果、ヒアリングをすると、楽天市場かASPサービスで簡単なECサイトを構築程度でいいんじゃないですか?

となりました。

ECの構築は、コンセプトやマーケティングという知識が付加されるとより良いものができあがります。

今までの自分たちの売れるノウハウが通用しないときもあるのがECの奥深さなんですけどね。

ぐちぐちぐちぐち

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク