鹿児島 不正車検事件。続報はいかに?

スポンサーリンク
新たな情報がサクッと地元鹿児島で色々と事件が起きてます。 さて、このような事件。指定整備工場の裏には中古車・チューニン...

最近良く読まれている記事です。

さて、その後どうなるか、特に報道はされていないようですが、動きとしては株式会社SAT従業員などへの聴取などが行われているという話です(関係者談)

株式会社SAT、代表自宅に家宅捜索が入ったそうです。

およそ、逮捕されて勾留延長された場合、20日後くらいに起訴・不起訴が決定します。起訴された場合は有罪率99.9%と言われています。

さてそもそも今回のニュースの「ペーパー車検」とはなんでしょうか。

ペーパー車検とは

国から許可を貰っている、指定工場(民間車検場)が、適切な検査をせずに書面のみで車検を合格させることです。車検の検査を指定工場で行ったことにするということにしてしまう。という行為です。

主に改造車で用いられる手法で、裏取引扱いになるのでなかなか表に出ることはありません。

グリップは、ペーパー車検は少ないですが、キレ角などをいじる上に、直感マフラーなどをつけるドリフト車両はペーパー車検は多いと言われています。

あとはラグジュアリー系と言われる、車高短フルスモという、ああいうやつです。

鹿児島不正車検が発覚したワケ

色々なニュースにかかれていますが、「密告」という話ですが、「盗難車」がきっかけだったのではないかと聞きました。その後に「密告」が複数件あったとかないとか。

その真意は、実際に捜査をしている警察しかわりませんが。。。

色々と聞くと問題が多かった会社さんも多いので実際は、解らないのが的確だと思います。

1つの密告で警察動くかな?っていうのは非常に疑問に感じています。

鹿児島不正車検の問題点

実際に、逮捕された会社は「客を騙して全てペーパー車検」だったかというところ。

日刊ゲンダイ(最も信用できない記事が多い笑)の記事にありますが、ペーパー車検にしてはやたらと安い相場なんですが笑

客側「安く車検をしたい、法定費用+1−2万で」

会社側「整備のコストを減らして早く終わらせたい」

の利害が完全一致した結果、ペーパー車検が行われたんじゃないでしょうか。

車屋「○○が故障してますので車検を通すには▲万円必要になります」

お客「え?そんなにかかるの?それ交換しないで車検通らないの?」

車屋「通りません」

お客「どうにか通してよ、××さんの紹介だしさ、そこをよろしく」

車屋(裏)「じゃぁ通しますよ、今回特別ですからね」

みたいなやり取りがあったのではないかと思っています。(というかあったらしいですけどね笑)

他県でもあると思いますが、鹿児島は特に客がああだこうだいう習慣があります。

お客様は神様ではありません。

お客様はお客様です。

こういうやり取りをした人たちは、都合のいいときだけ被害者ヅラせず依頼しましたと言いましょう。

ただ、ペーパー車検で最低限必要な整備をせずに、行っているのが多かったときは

完全な、信用問題ですけどね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク