【レビュー】nacon Revolution Pro Contoroller使ってみた

スポンサーリンク

ナコンプロコントローラー

以前書いた記事でPS4向けnacon Revolution プロコントローラーを購入したことをお伝えしましたが、2週間ほど使用しましたので感想を書いていきます。

箱コン派(Xbox)なら間違いなくコレ

PCゲームや箱コンユーザーでコントローラー派の人は、ほぼ箱コンを使っていると思うのですが、このレイアウト形はFPSやTPSといったゲームに最適であると思っています。

ただ、箱プロユーザーには物足りない感があります。箱プロコントローラーに限りなく近い、PS4のプロコントローラーという位置づけです。

背面4ボタンの便利さ

ScufGamingなども使っていましたがパドルの耐久度が低いScufなどに比べてボタンなので、耐久度も高いと思っています。

マクロ機能付きのため、格ゲーの技コマンドなどが入力できますが・・・コレする人いるのかな。

例えばボタンを2個使う R2+L2で作動すること。Destiny2などではスーパーチャージなど特定のことを発生させる場合にも便利かもしれません。

ちなみに、naconのソフトウェアで設定ができます。

専用ソフトウェアでスティック・トリガー感度を設定できる

こういうコントローラーを使っている人の大体が望むのがコレ。

エンジョイ勢で楽しくでもかつ便利に戦える仕組みの1つです。

メイン画面 左右スティック感度調整画面 *画像はDestinyのプロファイル
トリガー感度調整画面 *画像はDestinyのプロファイル

BF1や、CoDなどのプロファイルもいくつか用意されているので、ダウンロードして利用することも可能です。便利ですよね。

nacon vs RAZER

よく対比される関係ですが、Razerかうならnaconを購入したほうが断然いいです。

Razer Raijuは全体的に中途半端な感じがあります…持ってる友人のを使わせていただいたときなども。うーんという感じ。

もともと私が箱ユーザーだったからかもしれませんが、、、naconが勝利です。

今買うなら nacon Revolution2

現在日本に流通していませんが、最近Revolution2が発表されました。

特殊なUSB端子ではなく一般で手に入るUSB-Cで、ソフトウェアもMacに対応したこと。

こういう条件から、今買うならRevolution2をオススメします。販売しているところは限られますが…

価格の安いRevolutionでも十分性能は発揮します。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク