“法人専用”Amazon、Amazon Businessはじまる。

スポンサーリンク

ついに、始まりましたね!Amazon Business!!

これは、他社法人向け通販が最も恐怖だとおもうのではないでしょうか。

元、法人向け通販事業のセールスとアカウントエグゼクティブをしていた立場として比較していければと思います。

現在の、法人向け購買ソリューションランキング(通販)

1位 アスクル

アスクル株式会社が提供するカタログ通販サービスです。法人向けカタログ通販サービスの先駆者でもともとはプラス株式会社の社内事業部でした。その後、アスクル株式会社として独立をして、今やプラス株式会社同様以上に大きくなっています。厳密にいうとアスクル株式会社は、カタログの作成、商品の在庫管理、受注、配送を行う会社で物流業(子会社:ビゼックス)を行ってる会社です。営業活動や請求などはアスクルエージェントといわれるアスクル代理店が行っています。

提供サービス

ソロエルアリーナ(中規模~法人向けASP購買ソリューションサービス)

値引き有:3~10%、年間の購買額によって値引き幅が変動。代理店が営業活動を行うため過度な値引き競争を起こす場合もあります。

アスクル(個人商店、事業主向け)

個人事業主向けかといわれるとほとんどが、法人向けです。小規模法人だとアスクルをそのまま利用している場合が多いです。また代理店が債権や与信を行うため個人事業主は断れれる場合が多いです。

LOHACO(個人向け)

Yahoo!と連携して行っている個人向けアスクルといっても過言ではないです。SKU数は日用品等もありロハコのほうが多いようなきがします。

2位 たのめーる

大塚商会が提供する、カタログ通販サービスです。大塚商会は様々なサービスを展開している会社でもあります。もともと法人向けレンタルサーバサービスや、オフィスソリューションサービスなどを展開しています。Ricohの複合機の大手でもあります。

アスクルと比較対象になることが多く、値引率競争でライバルになります。アスクルと違い値引率が原則高い(5~10数パーセント)です。

やや2-3%アスクルよりカタログ価格が高いですが、送料バーが500円から無料という点は小規模事業主からすると利便性はアスクルより高いです。

紙質は、たのめーるのほうが優秀です。アスクルは紙粉がすごく多いです。

たのめーるも、アスクル同様、代理店が存在します。代理店のほうが融通の利いた対応をしていただけるイメージです。

3位 カウネット

コクヨが提案するコクヨ通販です。最近は縮小傾向な気がします。カウネットはほとんどが代理店が営業活動を行っているいるイメージで、そのままアスクルの縮小版という感じ。正直値引率などもいい気がしますが、ベースが高いのであまりお得感が少ないかもしれません。

既存のサービスを比較してAmazonBusinessはどうなのか

現状、最後発でありなが、実はアスクルなどはAmazon傘下のZapposをお手本にしているサービスでもあります。

独自進化した法人通販にどこまで対応できるか楽しみです。

私なりに比較表を作るとこんな感じかな…

AmazonBusiness普通Amazonアスクルたのめーる
送料prime無料
prime無料
1000円以上で無料
500円以上で無料
月末締め払い

×


支払方法
クレジットカード・請求書
クレジットカード・代引き・コンビニ請求書・CVS・クレジットカード
請求書・CSV
管理機能


有(アスクルは簡易的なものソロエルアリーナだと細かく可能。

承認機能


有(アスクルは簡易的なものソロエルアリーナだと細かく可能。

医療・福祉商材




価格
ネット最安値
ネット最安値
PBは割安
PB安い

まだまだ見続けないといけないと思いますが、とりあえず試してみるというのもありかもしれませんね。

AmazonBusiness

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク