LINEスタンプ作成、販売した話。

シェアする

先日、書いたブログでLINEスタンプを作成〜販売したことを、広告がてら書かしていただきました。

詳しくは、別HPを立ち上げてツラツラと書いていこうと思いますが…

大体Googleで検索して出てくるところ(アフィリエイトに近い記事)は

あってるようで、あってない…

どちらかというと、業界的にはコレが普通だよな

って言う感想です。

いや、、、逆に権利関係をしっかり把握している上に

PNGの精製方法等がわかっていれば、結構簡単に作れます。

ちなみに、ペンタブはアマゾンで安く売っているもので制作しています。

他には、iPadを使用したり、様々なツールを使って制作しました。

Wacomもかなりいいのですが、Photoshopを利用しているとWacomじゃなくても大丈夫という感じです。

Lineスタンプで書いてるペンタブレット

ちなみにHuion(フイオン?)を使っています。

Huionのペンタブはかなり優秀です。

メリット
  • Wacomと使い勝手は変わらない。
  • Mac、Windows共に使える。
  • USB接続
  • 低価格帯で感圧式。
デメリット
  • 専用ソフトがついてこない。
  • ペンの充電差込口が特殊(小さなWindowsノートPCの端子のようなモノ)
  • アクセサリが、若干粗悪(印刷物とか)

ペンタブ入門編としては、最強のコスパです。試す価値は凄くあります。

液タブもコスパ最強です。

Wacomとどちらがすごいかと言われると。。。Wacomかなと言う印象です。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク