Razer Lancehead Tournament Edition レビュー。

Razer Lancehead Tournament Edition レビュー。

マウス沼にハマっている。管理人ひとしです。

というのは冗談ですが、現状割と好みのマウスというのは決まっています。

 

今回、レビューするのはRazer Lancehead Tournament Edition。 Lanceheadの有線のみのモデルになります。

 

あれ?Naga Trinty 使ってなかったっけ?

A.実は、親指部分が広がっているタイプのマウスになるNaga Trinty ちょっと扱いづらいことが最近わかったんです。

 

Razer Lancehead Tournament Edition とは。

画像は無線モデル

Razerの左右非対称マウス。主にFPSゲーム向けのモデルであり、各eSportsでも利用ができる。

名称のLanceheadだが、「蛇」の名前であり Bothrops atrox (和名:カイサカ) が由来である。このカイサカはハブ科の小型蛇である。

スイッチは、安定のオムロン製。(大概高価なマウスはオムロンを使っている印象)

 

メインマウスをLancehead Tournament Edition にした理由

Nagaも使いやすいのです。ショートカットとかを登録したりするととても便利。

だがしかし、マウスを持ち上げるときにサイドボタンが とても邪魔 担っていることがわかりました。

そのせいでいつもの感覚で操作ができず 肘 が痛くなっていたことに気づき…

このままはお仕事ができなくなってしまう。という…それだけは避けたい…という一新からメインマウスを交換しました。

Naga と Lancehead は、マウスのラウンド形状が異なります。

そもそも、両利き用のLanceheadは傾斜を同じにしないといけないので左右対称モデルとなっています。

しかし、Nagaは右利き用ということもあり、きれいな円をかいているわけではありません。

これに関しては私は右利きなので全く問題は無いのですが、問題は親指の当たるサイドの部分。

少しえぐれているモデルのほうが良いのです。

実は、私は普通の人より 親指短く えぐれている方がマウスを持ちやすいのです。

 

もちろん、Razer Chroma は対応。

いっぱい光ってくれます。

あとは至って普通の高性能スタンダードマウスです。

 

*Razer Chroma と キーボードメカニカルスイッチ が他社に開放されたようです。ASUSのAura Sync などよりちょい遅い開放のため今から使用を変更する必要がある人も出てきそう。といってもマザボメーカーのAura Syncのほうが強い気がしますけどね…歩み寄るんだRazer

 

ゲームでの操作は感は?

全く問題無いレベル。無線だとチャタリングが起きているそうですが、電池切れというがめんどくさいという理由により渡しの場合は 有線 を使います。

結構なプロゲーマーも使っているので、恐らく問題ないのではないでしょうか。

ロジクールのたくさんボタンがあるマウスとかだとフォートナイトバトルロイヤルとかだと有利かもしれませんね・ω・

 

Logicool MX Master とかと比較

そもそも用途が違うので、論外になっていまうんですが

ハードウェア性能が高い Razer Lancehead Tournament Edition

ソフトウェア面で利便性を大幅に揚げている Logicool MX Masterシリーズ

という感じ。

ゲームするならRazer

作業するなら Logicool MX Master シリーズ

MX Masterシリーズの 横スクロールダイヤル は動画編集者にとって神がかった便利な機能です。