文具大手「キングジム」の作るゲーミングチェア「ZESTRANSIR」レビュー

シェアする

文具、主にファイル大手であり「テプラ」で有名なメーカーさん「キングジム」が作ったゲーミングチェア「ZESTRANSIR」です。たまたまTwitterで見かけたのがきっかけ。

実は私、オフィスレイアウトなどを販売営業&デザインする仕事をしてたことがありまして()その経験からオフィスチェアやら机にはちょっとばかりほかの人より詳しいです。

だいたいの海外チェアは日本仕様のデスクにあわないとか…

ゲーミングチェアとは?

各種様々なメーカーから出ていますが、主な特徴としては

  • バケットシート“風”形状
  • ランバーサポート
  • リクライニング機能
  • アームレスト(肘置き)

この4つが揃えばだいたいゲーミングチェアとしての商品です。

ゲーミングチェアの大手といえばAKRacingDxracerバウヒュッテなどですが最近は様々なところが参入しており、どこがいいの?結局…と思っている次第です。

バケットシート“風”と表現したのは、本物のバケットシート(レカロやブリッド)に比べるとホールド性はないので風です。

私のチェア歴

現在使っているのは、オフィスチェアである オカムラ コンテッサ セコンド。

*コンテッサセコンド イメージ画像

10~20万円前後する、高級オフィスチェアです。
会社とかでは役員クラスの人が座る椅子のイメージでしょうか…あとはクリエイティブな方々が使う傾向にあります。
もちろんクリエイティブな方々といえば、アーロンチェアハーマンミラーもありますね。

アーロンチェアならリマスタードおすすめですけどね笑

さて話が少しずれてしまいましたが…現在はハイエンドチェアを使っていますがゲーミングチェアとしては

  • AKRacing 1個
  • Dxracer 1個

と使ってきました。どちらも当時のミドルレンジモデルです。

正直なところ、20万円近くるする椅子とそこまで機能も変わらず、座り心地も良くコストパフォーマンスが優れているのがゲーミングチェア。

もちろん高額チェアに比べると骨組みなどの違いやリクライニングの安心感は異なります。

ZESTRANSIR(オットマン付き)を座って使って評価・レビュー

総合評価 ★★★★☆

重量 ★★★★☆
座り心地 ★★★☆☆
強度*1 ★★☆☆☆
クオリティ*2 ★★★☆☆
組み立てやすさ ★★★★☆
価格 ★★★★★

*1: リクライニング時の安定感など
*2:組み立て時のねじ穴やバリなど

私の中では、かなり評価が高いゲーミングチェア。価格と製品のバランスがとても良い

その辺のオフィスチェア1万円前後を買うなら少しだけお金を出してこっち買った方が全然良いです。
もちろん数万円のゲーミングチェアを購入してもいいかもしれません、ただそんなに変わらないので、この辺で手を打つのも一つの手です。
もっといいゲーミングチェアを買いたい!場合はAKRacingやDxracerのハイエンドモデルを購入することをおススメします。

ZESTRANSIRに限らず、ゲーミは重量あるので、床にシートやチェアマットを敷く必要があります。それはどの椅子でも日本の自宅の場合は必ず敷いた方がいいです。

不満点

ZESTRANSIRに関して、現状あまり不満がないのですが…

唯一、、、2点だけあります。

溶接が結構雑なイメージ…おそらくこの辺金属疲労が来ると思います。その前に座面がダメになると思うので、あまり気にするところではないです。

オットマン裏面のバリ

この辺は値段相応です。プラのバリがいくつか見られます。普段、使用するのに支障はありません。ちなみに他メーカーのゲーミングチェアでもバリは見受けられるものです。工業製品なので仕方ないです。

もし気になる方がいる場合は、紙やすりで削ることをおススメします。

さて、いくつか不満点もありますが、総評して良い椅子です。いや本当に5万円くらいするゲーミングチェアとたいして変わらない。リクライニングをするとやや安定感を失ってしまうものの、耐荷重150㎏と耐久性も高くその他骨組みも悪くありません。

私のおススメ椅子ランク1になりました。

10万円以上の椅子とは違うけど庭が違うので比較にならないです。

ZESTRANSIRは楽天・Amazonで販売しいます。

Amazon

楽天

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク