【レビュー】Sound BlasterX G5 SBX-G5 外付けサウンドカード

【レビュー】Sound BlasterX G5 SBX-G5 外付けサウンドカード

 

主にPS4の音を、もうちょっと調整幅を持たせたいなって思いPS4にも認識されるサウンドカードを探していました。

取り急ぎ購入したのがSound BlasterX G5 SBX-G5です。

Sound BlasterX G5 SBX-G5買ってみた。

Amazonでポチりました。この手の商品はアマゾンvsヨドバシドットコムになると思います。

ほとんど値段は変わりませんでした。10%ポイント還元があるかないかです。お好きな方をどうぞー!

 

なぜSound BlastrX G-5を買ったか

光ファイバーケーブルをLINE入力できる点が一番大きいです。

新型のPS4 Slimでは廃止されてしまった光デジタルの音声アウトですが、PS4 Proと旧型PS4には搭載されています。

またマイク入力とヘッドフォン端子が別である点。

私の場合、PS4のパーティーチャットも利用する機会があるのですが、ディスコードなども利用することもあります。一回一回差し替えるのがめんどくさい人なのでPCで音声をコントロールしています。

接続デバイスはこんな感じ。

引用:Creative

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEは排他的とのことですが、これだけで非常に便利。

光デジタル対応のスピーカーを持っていないのでOUTは使えないのですが・・・INだけでも十分ですし、ゲームキャプチャーデバイズ「HD60S」には、アナログ入力ができるので、その辺りも活用できるようになります。

少し配線は複雑になってしまうのが難点ですが・・・

 

PS4接続例

こんな感じになります。

利用する接続ケーブルはHDMI、光デジタル、アナログオスオス、USBです。

私感ですが、USBはノイズが乗りやすい“気”がします。

検索してみて確認していないので、なんとも言えないのですが…苦笑

簡素化しましたが、ヤマハのウェブキャスターAG-03が入っていたりとミキサーが色々とついています。

問題なく動作はしています。

詳しく聞きたい場合は私のTwitterのアカウントへご連絡ください。

*ちなみ接続例の図は、Adobe Comp CCで制作しています(簡単に作れる)

 

音質は?

こればかりは人によるので、あーよかった!いや、価格に似合わないなどと意見があると思いますが、

先ほどあげたCS機(特にPS4)で、そのままUSBをさしてPS4に認識される仕様である点がもっとも評価できます。

もちろん、ハイレゾに対応していたり、7.1chに変換できたり様々なエフェクト機能があります。

これを使ってもっとゲーム・映画への没入感を増やすことも可能です。可能性は「大」の商品です。

 

注意点

PS4のパーティーチャット(ボイスチャット)を使っている人限定ですが

PS4に直接ヘッドセットをさして利用していた方は、少し注意が必要です。

マイクの感度を再度PS4側で調整する必要があります。

ヘッドセット端子で接続していた人は感度が落ちますので、繋げた際は注意が必要です。

利用ヘッドセット;ゼンハイザー Game Zero

総合評価

音のお仕事もする人間ですが、最高に良いというわけではありません。しかし、十分に満足できる商品です。

また機能もフルに利用できるようになるとかなりの「便利商品」です。

他にも似たような製品があるのですが、これよりも割高。もし購入するとなればできればサウンドカードをPCに接続した方が良いよ思います。

 

 

引用:Creative