【ガジェット】Scuf , nacon, はこわれやすいのか?

シェアする

結構、私のサイトで検索流入してたいただいている方で、

検索キーワードが

「Scuf 壊れやすい」

「Nacon 壊れやすい」

という、ワードの方が多いです。

せっかくなので、書こうと思います。

Scuf コントローラーの壊れる箇所

旧Scuf(後ろのパドルがネジ式)

パドルが割れたり、スティックの初期不良等が散見されました。

純正+α程度なので、そのへんは仕方ないと思います。

またミリタリースペックのグリップではない方は、グリップが失われます(6ヶ月くらい使ったら)

新Scuf(後ろのパドルがはめ込み式)

旧Scufのパドル不良から解放されたScuf、はめ込み式になったため割れても大丈夫。

そもそも接点が違うので、割れる可能性は減りました。

旧・新Scuf共通故障箇所

L2、R2トリガー、Scuf純正にすると割りと壊れやすいことがありました。(現在 2018/04に輸入した製品は改良されていると思います)

スティックの素材がゴム素材なので、どうしても柔らかくなりやすい点。

使い込むとスティック円周の端っこが柔らかくなります。

SCUFスティック劣化箇所

*画像赤い部分

この赤い部分が柔らかくなるのはそれぞれお好みよって…柔らかいほうがいいんじゃないかな?っているかたもいらっしゃると思います。

ただ、柔らかくなってくるとゴムが手に付きます。

最近のは、スティックを交換できるのでスティック交換を選択するほうが良いと思います

PS4系コントローラーの弱点

共通して…言えるのですがバックパネル部分のネジが露出している点。(後ろの画像が無い…)

R2,L2トリガーの部品が弱い。

その辺が純正コントローラーの壊れやすいところです。

Nacon Revolution の壊れる箇所

nacon破損箇所

赤い点線の○の部分です。

接続部分がとても弱いです。Revolution2になってからUSB-Cになったので接触は良くなった…がします。

あとボタンが、弱いです。戻ってこなかったりします。

少し水分を与えたりすると良いです。

PS4純正コントローラーとの違いは、後ろのネジがもので詰められている点です。これはネジが腐食しないのはGOOD

コントローラーは大事に使いましょう

根本的な問題ですが…

コントローラーは投げちゃいけませんw

大事に使いましょう。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク