【映画日記】アトミック・ブロンド

シェアする

アトミック・ブロンド

2017年公開

監督、デビッド・リーチ 主演、シャーリーズ・セロンの冷戦時代のスパイ映画。

概略

ベルリンの壁崩壊が迫った1989年秋。MI6は潜伏中のスパイを殺害した謎の組織を崩壊させるべく、ロレーン・ブロートンをベルリンへ急行させた。組織の命令でデヴィッド・パーシヴァル(MI6ベルリン支部の責任者)とタッグを組むことになったブロートンは、彼と対立しながらも、驚くべきコンビネーションを発揮し始める。こうして、2人は東側陣営の脅威と立ち向かっていく。

お楽しみポイント

音楽

1980年代の音楽が、流れため、その時代背景にすごくあっています。アトミック・ブロンドの一個の特徴といえるくらい。

当初は、使用権に難航するかもしれないとのことだったそうですが、4分の3は使用権&アレンジする権限を得たことで成り立った。

誰が本当のスパイ?なにが真実?

主人公の聴取&回想からはじまるり、いろいろな事柄が錯誤します。ベルリンの壁が崩壊するまでの西、東のスパイの動き、心理戦、様々な登場キャラクターが出てきて交差していく話が、最後に一つになるのは、スパイ映画らしい映画と言えます。

総評

見始めると、没入感があり、あーなんかちょっと違う世界に入っていく映画。

途中の中だるみ感もなく、はいはいアクションですねという感じもなりません。ただもちろんアクション要素は多数あるため、激しいシーンから冷静なシーンまで複数存在するため、見ている人を飽きさせない構成になっています。

面白さがあるスパイ映画に久しぶりに出会った気がします。

また、音楽がとてもいい。本当にいい。

見る機会があれば、ぜひ。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク