標準換気とブロー換気について調べてみた。

シェアする

今住んでいるマンションにMAX株式会社のDry-Fanってのがついてるんですよ。俗にいう「浴室乾燥機」です。

ミスト機能とかはついてないので、割とシンプル設計のものです。

ちなみに、MAX株式会社は「ホッチキス」のMAXとしても有名。ホッチキスの芯と言えばMAXが一番取れないと定評があるくらいです。たしか建築向けホッチキスもMAXが一番いいとかなんとか。

さて、話がずれてしまいましたが調べてみました。

標準換気

もうわざわざ図解しなくてもいいと思うのですが…w

室内の空気、主に湿気などを室外に出す機能です。どの家庭にもついているはずです。

特に多湿である日本だと24時間換気がついているマンションは多いのではないでしょうか。木造建築だと家自体が呼吸をするので、24時間換気がついていない家もあるようですが、ここ10-20年くらいの建物、特にマンションはだいたいついているのではないでしょうか。

ブロー換気

図解するとこういう感じだそうです。

空気をブローしながら、室内の空気を室外に出すことでより浴室の感想を促します。

強制循環を行わせることで換気を早く行うことと私は理解しました。

通常換気とブロー換気どっちがいいの?

早く浴室を換気したい場合は、ブロー換気がおススメ。

といってもブロー換気のほうが電気代がかかるようです。ただカビ等の抑制にはなるんではないかな。しかし、こういう機能がある換気扇は、浴室乾燥機能がついているのも多いので、短時間で乾かすのであれば浴室乾燥機能を使ったほうが断然早いです。

もちろん電気代は跳ね上がりますが…

これよくよく調べていくと、MAX株式会社さんのQ&Aにあります。下にURL張ってますので見てみてね。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク