Youtube歴史的低評価数のホワイトハウス動画【一部ゴア表現あり】

シェアする

【掲載している動画URLに一部ゴア表現があります】

その動画のURLは記事最後にあります。

つい先日、アメリカ合衆国のホワイトハウスが発表したゲーム映像による悪影響についての映像。

実際、多種多様な意見があるものすべてゲームのせいではないかと思います。(私の私的意見ではあります)

たしかに、ゴア(グロテスクな表現)は苦手な人も多数いると思います。

私も、うわっこのゲームやりすぎじゃね?とか思うゲームもあります。そのあたりの自主規制は日本のほうが優秀でゴア表現がきついもの

体が切断される等など表現は規制がかかりカットされています。日本のメーカーのゲームも同様です。

海外ではゴア表現のある映像部分が、日本版だとカットされている等もよくある話です。

今回、ホワイトハウスが発表したのは”アメリカ”で販売し表現がアメリカの規定にあるもの。

アメリカはESBRという日本で言うCERO規定というものが存在します。これは適正年齢を表す規制です。18歳以上のゲームになるとゴアな表現が見受けられ、いわゆるグロテスクなモノになります。

実際あってないようなもので、18歳未満でも手に入れることができるのが重要課題ではあると思います。

結局はゲームのせいにしているますが、ゲームのせいにするのは責任転嫁では無いかなと思っています。

犯罪心理の大半は、その事件を起こした人間の生活や環境が9割の原因を持ち。

ゲームでゴア表現のあるものをしているからといって銃乱射事件はおき無いと思います。

それだと、ゲームをしている特にFPSなどの人と戦うゲームをしている人たちはみんな犯罪者予備軍になってしまいます。E-sports選手はみな、犯罪者になってしまう。

現状、ゲームに没頭してしまうということは、リアルな世界で上手く人間関係を築けずにいる状態であり、人と人の関わりの中で非常に鬱々しい状態になっている。

アメリカの学校は「オタク」は非常に馬鹿にされる場合もありますし、日本も同様「オタク」は弊害を受けている人たちも多数います。

その、弊害を受けた人たちが何か没頭できるもの。

それがゲームだったり、アニメという「表現」という世界なのではないでしょうか。

自分の夢のような「世界」「表現」を目の間に実現している。

だからといって、満足せずに銃を乱射するということにはならないと思います。

なぜ、銃乱射がおきるのか…

それは身近に銃があり、その手段として最も簡易なものであることが原因だと思いますけどね!

皆さんの意見はいかがでしょうか。

ホワイトハウスが公開した、ゴアなゲーム映像

個人的には、デッドバイデイライトはあってアウトラストの映像がないのがやや不満です。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

スポンサーリンク