【コスト削減】フリーランスデザイナーのちょっと節約

仕事めも

 

フリーランスのデザイナーしていると、今まで会社が負担してくれていたものを個人で負担することになり、意外とこれって1人で使うには高いね!というものが存在します。

 

実は、いろいろなルートを使うと、少しながらコストを削減することが可能です。

 

ほとんど既知かもしれませんが、ツラツラと書かせていただきます。

 

 

仕事用ソフトウェア

Adobe等のデザインに必須のソフトウェアですが、昔は一括購入で数万円と必要でしたが、現在はライセンス販売となりクリエイティブクラウドという仕組みになりました。

 

基本は、Adobeから購入して月払いまたは年払いで、ソフトウェアを利用できる仕組みになっています。

 

だがしかし…

 

Amazonから購入することで数パーセント、タイムセールの時に購入したら数十パーセントのコストが削減できます。

 

年間で考えると結構なコストカットになります。

 

通常で購入すると

年間59,760円(税抜)でかかるものが、Amazonを経由して購入することで年間59,760円(税込)にすることにできます。

 

通常購入で8%削減できる点も大きなメリットです、

 

セール時だと、もっと安くなっているので20%前後削減することも可能です。

 

1つデメリットとして

 

定期的に購入しなければならないこと。

 

これを忘れてしまうと利用ができなくなってしまうので注意が必要です。

フォント

最も重要なサードパーティのフォント。

モリサワ、ダイナフォント、フォントワークスなど様々なフォントメーカーがありますが、モリサワフォントに関しては、こちらもAmazonで購入したほうがコストを削減することが可能です。

ちなみに、フォントメーカーで一番入れといたほうがいいのが「モリサワ」です。

最近は、フォントワークスも勢力拡大中という感じですが、お仕事柄雑誌や、DTP等はモリサワが多い気がします。

あとゲーム・デザイン系はダイナフォントが多い“気”がします。

*私の周りだけかもしれません笑

モリサワ年間ライセンスも結構高い。Adobeのソフトウェアとそんなに変わりません。

使えるフォントは山ほどありますが…

通常価格53,784円Amazon価格43,450円になります。年間1万円のコストカット

直接コストのカットは重要。

もちろん、仕事を増やすこと、取ってくることがとても重要ですが、意外と目を背けたり見てない範囲である、直接的コストである、ソフトウェア代金やライセンス料など純利に直結できるコストカットはフリーランスだろうが、零細中小企業、大企業に問わず重要なコストカットをするべきところです。

 

ちなみに、人件費をコストカットするのは、問題外です。人件費は投資です。成功することもあれば失敗することもあります。適材適所その人のポジションをうまく活用することが重要となります。

コメント